ゆうすけブログ
真冬の熱い戦い
昨年が記録的な暖冬だったのですっかり油断していましたが今年は滋賀県北西部高島市でもわんさか雪が降り、行事は中止、学校は休校、道路は一部遮断、交通機関もバスなどは不通路線が出たり、湖西線も遅れが目立ちます。
これでは2月の節分までどれほど降ってくるのかとひやひやしています。

そんな中で高島市市長選挙、市議選挙のW選挙が告示から5日目を迎えました。
各陣営必死の舌戦を繰り広げています。
私も今日の夕方にはある選挙事務所にお邪魔して集っていた方々とお話をさせていただきました。
やはり中身の濃い内容のお話ができます。
地域の問題点もあからさまになり、今後のまちづくりの参考になるご意見が飛び交っていました。
つくづく対話が大切と感じた今日一日でした。

JR湖西線問題
北陸新幹線の関西乗り入れ問題でもし(と言うかかなりの確率で)小浜ー京都ルートが採用された場合、JR湖西線がそのあおりを受けて経営分離され「並行在来線」となる検討がなされている大問題に対して地元・大津市議会はこれに反対する決議を全会一致で可決されました。
拍手です。
これこそ市民の声の上に立脚する議会の正しい行動です。
大津市議会議員の皆さまの見識と行動に深く敬意を表すものです。
議会はこうでなくてはいけません。
自治体住民の意思を正しく関係の方々に示すのはタイミングが必要ですがまさに時宜を得ております。
湖西線が第3セクター運営になれば他の路線の事例に洩れず運賃の引き上げと便数減が待っており、利用者および地域住民に多大な負の影響を与えることにつながります。
政治的に方向付けするのは今なのですから「今」、行動しなければなりません。

梅雨明け宣言があったのに
2階で寝ていたらどうも熱気というか温暖すぎる空気が籠もって明け方になればなるほど暑くて寝苦しいものです。
そこで1階で寝ることにしました。
するとどうでしょう、明け方にはとても涼しくて快適なのです。
1階と2階でこうも違うとは!
これは「スッキリ!」です。
田舎の家は1階で寝るのに限るということを発見したのでした。

梅雨明け宣言が出されたのに関西では雨模様です。
じとじとしながらも妙に涼しいのがいいのか、カラリと晴れながらもカァーと暑いのがいいのか好みですね。

今日は一日ついつい趣味に没頭してしまいました。
夜はお世話になった方がお亡くなりになったので通夜式に伺いました。
ご生前にいろいろな事をしゃべったり、共に行動したことなどは「思い出」ですがこの思い出も関係者が一人もいなくなったら最後は何処にいってしまうのでしょうか。
葬儀場でそんなことを考えていました。

台風抜けた
東日本大震災では改めて津波の恐ろしさを認識しました。
一瞬で人の命も財産も持っていく災害。
私の住んでいる高島市はさすがに琵琶湖からの津波というものは実被害として想定出来づらいのですが中山間地域をかかえている為に山津波つまり土砂災害は本当に恐ろしいです。

今回の台風11号も雨台風で滋賀県では大津市北部・高島市に大量の雨を降らせており急傾斜地も多い同地域では地盤の緩みから山崩れ等の被害が想定され当該地域住民に避難情報が出されました。(17日22時解除)
しかし朽木地域から京都に伸びる国道367号は土砂崩れが発生して現在通行止めとなっております。
復旧に時間を要することになれば住民生活に多大な影響を及ぼすことになります。
台風の際は河川の氾濫・決壊も用心せねばならないのですが普段から「砂防」にも気を配り不安ヶ所の点検と保全にも行政として手を施さねばなりません。
台風が来た
このブログを書いている時点で私の住んでいる自治体では大雨警報、暴風警報が発令されています。
この時期にこれだけ勢力が強い台風が来るのも珍しいのですが今まで中止がなかった京都・祇園祭はどうなるのかとある人としゃべっていました。

人生の大台に乗ったので初めて血圧計を買いました。
今まで血圧なんて測るのは「おじさん」と思っていたのですがやはりこれからの人生のテーマは「健康」だなと思いつき毎日測定することにしました。

脈拍も測れるタイプですが買うと買うで物珍しさに家の中でついつい使ってしまいます。
「お!上も下も正常値だ、もう一回」
正常値ならもうやめればいいのに購入した嬉しさで手放せません。
「や!上がちょっと上がったな、もう一回測ってみよう」
血圧が上がったり下がったりするのは当たり前なのにそれに一喜一憂しています。
「う!脈拍が87?なんだこの数値は・・走ってこよう」
走ったら余計に脈拍が上がるのに意味不明です。
この台風の大風が吹いている中を走っている・・私は何をしたいのだろうと。
七夕PTA
「洗い物は済ませといてよ、帰ってからすぐに夕飯つくりたいから」
(へいへい、あんたはグリム童話のママ母ですか・・)

今日は朝から息子が通う公立高校の体育祭があり、私、PTA役員として出役要請に応じて出ていきました。
テントの中で進行のお手伝いをするのかと思っていたら何と「かき氷」を作って生徒たちに振舞う係でした。
いちご、レモン、ブルーハワイ、コーラ、抹茶、マンゴー、カルピス。

ところが万端整った午前10時、にわかに雲行きが怪しくなり大粒の雨が降ってきました。
それでもグランドでは高校生たちが懸命に競技を行っています。
こちらも協議を行って「この天気でもかき氷を出すのか」と真剣に議論。
結果は「出そう」、理由は「買ってきた氷は返品できないのでもったいない」

どぼどぼになり、当然ながら体温も下がっていたつまり寒かったにも係らずかき氷を食べてくれた生徒の皆さん、ありがとう。
そして今日は七夕だったのですが彦星と織姫は出会えたのでしょうか。
総会の月
あちこちで総会が始まっています。
午後から私も役員の一人として地元高校の総会に出席いたしました。
そう言えば妻も中学校で県の理事に当たったらしく今日は野洲まで行ったようです。
たまさかの日曜日
今年に入って元旦より休みなしで動いていましたので今日の日曜日は4か月ぶりにゆっくりしようと朝から家に居て手紙などを書いていました。
お昼も食事しながら比較的落ち着いて過ごしました。

夕方になり「陸上自衛隊あいばの駐屯地協力会総会」に出席し、その後の懇親会にもお世話になりながら今日も更けていきました。
統一地方選挙前半戦ー審判下る
県議選挙の結果が本日出されました。
高島市選挙区では私に厳しいものとなりましたが、これまで懸命にご支援またご支持してくださった方々に対して申し訳ない気持ちしかありません。
選挙の結果を受けてこの高島市、滋賀県も新たな枠組みで仕事がなされていくことになりますが再任、新任された方々におかれましては県民の負託を胸に県政発展の為にご活躍されますことをお願い申し上げます。
ぼぉーとします
以前、このブログで外に出る際に背中にはるカイロ(ホカロン)を3枚べたべた貼っていますと書きました。
あれから毎日貼っています。

今日、現場に車で走っている時、かなり暑さを感じて車のヒーターを止めました。
それでも頭の先までしびれがやってきて汗はかいてくるわ、意識がぼぉーとして遠のいてきたので慌てて車の窓をあけました。
入ってくる早春の爽やかな風にあたると気分がもとに戻りました。
(もう1月、2月じゃないんだね)と自分で納得。

朝からマキノで行われた「きゃんせ海津」のツアーに出発の時だけの表敬訪問をさせていただきました。
海津はこれから海津桜の時期を迎えてのプレイベントでしたがスタッフの皆さんの努力には頭が下がる思いでした。
私も地元議員としてもっと参加させていただかなくてはならないと思いました。
その後、今津で行われていた「ざぜん草祭り」も見学に行きました。
冬のイベント
本日は朝から快晴。
マキノ高原で開催された「マキノウインターフェスタ」に顔を出させていただきました。
高原は程よい積雪でまさに「冬のお祭り」といって良いほどに人出で賑わっておりました。
スタッフや主催の皆様も運営が大変だったこととご推察いたしますが大盛況おめでとうございます。

午後からは安曇川で開催された「湖西圏域河川整備計画説明会」に出席いたしました。
整備計画については県議会で早期の策定を求めていたものですが一昨年の台風18号による被害状況なども勘案されてようやくお披露目となったところです。
ただ、説明会では各流域ごとに整備の早期着工と完成を求める声が多く、河川全体の整合性の取れた河道改修、掘削、堤防強化などの優先順位については温度差が感じられました。
もちろん議会では一日でも早い安全度の確保の為に引き続き粘り強く当局と交渉を進めていく所存です。

今日の解釈【議会】義理厄介

成人式
高島市では本日、成人式が行われました。
振り袖姿、スーツ姿、紋付き袴など凛々しい若者の姿はいつの時代でも映えるものです。

式も厳かに粛々と朗々と執り行われ、来賓として出席させていただいておりましたが素晴らしい成人式になったと感じておりました。
只、少しだけ・・選挙管理委員会委員長が「二十歳になった皆さんは選挙権を行使してください」という挨拶のところで会場からクスクスと失笑が漏れました。
そのこと自体は場の雰囲気もありますからとやかく申すわけではありませんが、今現在、選挙権の年齢引き下げの議論がなされています。
想定では20才から18才へということです。

私はこのことについては賛成です。
18才はすでに社会に船出している方も多くいらっしゃるわけですし、そうでなくともものの分別や社会との繋がりを共感していける歳に達していると思うからです。

何よりも選挙です。
「うっかり1票、がっかり4年」と選挙は熟練したいい大人でも誰に投票したらいいのか迷うものです。
人柄?見た目?実績?所属政党、、または市民派だから?実績?期待感?
それぞれのフィルターにかけるのにその洗礼は早い方がいいと私は思うのです。

私も初めて選挙の投票所に行った時はかなり迷って1票を投じました。
何か自分自身が社会から貴重な責任を分与されているような社会参加に対する自覚が生まれたのも事実です。
何も初めての選挙から「正しい人を100%」選ばなければならないということは無いと思います。
自分が投票した人が当選したらその人物の仕事ぶりを見ているのも社会参加ですし、落選してもその後の身のほどこし様は参考になるのではないでしょうか。
人生は長いマラソンとはいうもののスタートは早くてもいいと私は思います。

今日の解釈【マラソン】太宰治の「走れメロス」。メロスは全力で走っていなかったと中学生が解明したらしい、後世畏るべし。

賀詞交歓会
「死後はどうなるんだろう」という問いに私の感覚は「永眠、つまり夢をみないでずっと眠る状態に入るんやろね」です。
私の母校のずっと先輩であった俳優の丹波哲郎氏が生前、「死後の世界はある!」と力説され、本も書かれていたので読んだこともありましたが、丹波氏の考えを否定するわけではないもののやはり「ないだろう」としか言いようが(私には)ありません。
しかし、これは「STAP細胞はあります」のような次元の話ではなく、誰にも検証ができない、いや検証しても帰ってきて報告ができないので証明のしようがないのです。
もしかしたらあるかもしれません。
それならそれで「疑ってごめんね、いやぁーラッキー」ぐらいにしておいたらいいと思います。
それについて「お前は生前疑っていたんだからこの世(あの世?)から出ていけ」とは言われないでしょう、まさか。
何が言いたいのかとなれば「この世で得た(生)を大切に日々感謝の気持ちでおくりましょう」ということです。
決して宗教が必要ないなどとは思っていません。
先祖の供養、故人への追悼、敬慕の念は大切なことです。
しかし、私の考えではたとえ宗教とは申せ、その在り方、存在意義は生者の為にあるということを言いたかっただけです。

なんでこんなわけのわからないことを書いているかと言えば、今日は大勢の方々と語らい、談じるなかでお正月なのにこんな話題になってしまったからです。

今朝は事務所を開き会議をするというので妻と雪かきをしていたら彼女がギックリ腰を起こしてしまい身動きができない状態となりました。
可哀相にできれば代ってあげたいと思うのですが思うだけになってしまい、餅は餅屋、プロの手に委ねた方がいいと鍼灸院に行くことを勧めました。
会議が終わったら商工会主催の賀詞交換会に出席させていただきました。

今日の解釈【丹波哲郎】人気番組「Gメン75」など渋いハードボイルド路線を演じてきた丹波氏がある日突然、死後の世界についてメディアで語りだした時には世間が当惑した。
死後の世界を語る人を「タンバ」などと揶揄されたのはファンの一人としては何とも残念であった。






石の日
インターネットを検索していたら1月4日はゴロあわせでイ・シ、いし、石の日だと言うのです。
そうか俺の日かと私は石田だから単純に思ったのですがよくよく考えてみると石の日とは何だということです。
何か特典があるのかということです。
石材を使ったら値引きがあるのか、宝石をバーゲンするのか。
ありません。
聞いたこともありません。
言葉遊びはそろそろやめてほしいです。

今朝から市民会館で高島市合同出初式が開催され出席させていただきました。
年始早々から式典をご準備いただいた関係者の皆様に御礼を申し上げます。
ことしも街の安全・安心を願っております。

午後からは行動に移りました。
内容は企業秘密です。

今日の解釈【言葉遊び】隣の客はよく柿食う客だ。それは早口言葉でしょ。


古今・選挙の戦術
平成24年12月に崩壊した民主党政権最大の功績は日本国民に政治への信頼を取り戻させたことです。
それまで私の周りには「政治は変わらない」、「政治なんて誰がやっても同じ」と言う声が満ちていましたが、以後ピタリとなくなりました。

さて今回の滋賀第1選挙区ですがすでに報道通り一進一退、つばぜり合いが続く激しい選挙となっております。
前回見事にうっちゃった自民現職の大岡氏が再び勝利するか、当選9回の大物・川端氏が意地をみせるか、まったく予断をゆるせぬ引くに引けない激戦が展開されています。

今回の大岡氏の戦術は「箱ものでの大型集会は捨てて街頭に出る」です。
個人演説会を開催するのではなくその時間に駅頭や辻に立ち一人でも多くの有権者と語ろう、訴えようが主眼となっています。
なぜ組織動員が可能な演説会を避けて遊撃戦に出ているのか。
それは今回は無党派層の取り込みこそ勝利への最短距離と考えているからです。
個人演説会はずばり言ってしまうといつもの顔、お得意様ばかりになります。
お得意様は黙っていても投票していただけます。
しかし、今回はみんなの党は解党、維新は候補者を出していません。
これらの第3極に流れていた票の取り込みを狙えるのは街頭だけです。
そのような目論見から今回は土日を除いての機動戦術に討って出ています。

他方、お得意様からは個人演説会を開かないと物足りない、士気が上がらないという声もいただいております。
吉と出るか、凶となるかは14日の結果次第です。
当たる天気予報
最近の天気予報は滅法的中するのでこわいぐらいです。
明日は雪と言ったら本当に降ってきました。

本日は衆議院候補者の大岡敏孝氏が高島をみっちり周る行程でしたからスタート地点のマキノに我々議員も配置に就きました。
その時は午前8時でまだ雪のかけらも見えずどちらかと言えば晴天模様ですらあったわけです。
内心、(天気予報も脅かしやがって・・天気はいい、ラッキーだ)と思っていました。

ところが選挙カーがスタートするとみるみる空が暗くなってきてぼた雪が落ちてきました。
辺りは雪原です。
選挙ですから走りながら窓を開けて手振りするじゃないですか。
とても振れたものではなく手が寒さで痺れてきました。

午前中は有村治子国務大臣に、午後は元官房長官・河村健夫先生が同行してくださりスッポト演説を繰り返して市内の旧5町1村すべてを周りました。
それだから改めて思いますが高島市って広いですよ。
雪化粧
湖の西側から伊吹山を眺めるとすでに冠雪しており北風が厚い雲を運んできました。
予報では明日から雪になるということですがめっきり冷え込んできています。

本日は明日の下準備に走っていました。
国政選挙の応援に高島市に午前中は有村治子大臣が、午後からは河村健夫前官房長官が大岡敏孝候補の応援に見えますので粗相のないようにしておかねばなりません。

師走の選挙ですが選挙は不思議なことに寒いときか暑いときか極端なときによく起こります。
関わっている方々も大変なことだと思います。(と言ってみる)
湖西部戦線異状なし
今朝の新聞は各紙、選挙の序盤情勢が載っていました。
調査と分析のうえでの報道だと思いますから信憑性はあります。
それによると全国的には自公優勢に戦いを進めているとのことです。

記事になったためかにわかに事務所に多くの人がやってこられました。
事務員が「今日は先客万来ですね」と言ってましたが選挙と商売は人が集まらなくては食えません。

FBでとある市長さんのコメントを読んでいると「当市は主戦場から外れているので云々」と書かれてありましたが、それならば私の住む高島市も大型選挙では主戦場から外れっぱなしです。
今夏の知事選挙でも去年の参議院選挙でももちろん逆風の選挙でも常に自民党勝率NO.1なのに注目されなかった選挙区です。
こんな地味な高島市ですが今回は注目が集まるということはないのでしょうか。




コタツのトリコ
今日から第47回衆議院総選挙が始りました。
朝、大津市パルコ前の「大岡としたか」出陣式に行ったのですが冬型の寒気が張りだしてきていた上に風が強くて立っているだけで凍える思いでした。
それでも元気に候補者は出発して私はその足で高島にとんぼ返りして事務所へ。

お昼に近くの牛丼屋から弁当を買ってきてみんなで食べていると次々と来客がお越しになられたので対応。
そうするうちに候補者の奥様が見えたので案内して市内の団体・企業回り。

夕方に大津から候補者を乗せた選挙カーが到着したのでもうすっかり暗くなっていましたが高島版出陣式を開会。
その後、扇動車いや先導車として選車とともに市内を街宣。

自宅に帰ったのは夜の10時でしたがまず食事をしてその後、コタツに入ったのがいけませんでした。
走り過ぎてパンパンに張ったふくらはぎからジワッーと温熱が伝わってきていつしかまどろみ始め起きたのが真夜中過ぎという低落でした。
初日からこれでは先が思いやられます。
終わりの始まり
私たち地方議員(特に滋賀)はこの夏の知事選挙が終わったら、さあ次は自分の番だと考えていたはずで、11月の初めに同僚の議員と「次は我々の番だね」、「そうだね、特にこの11月が勝負の月になると思うよ、12月は議会一色だからね」とか言ってました。

ところが雲が東の空から立ち込めてきて「おや!あれ?」と思っていたらずんずん雲行きが怪しくなってきて雷をともなう土砂降りの衆議院解散です。
公職選挙法により他の選挙(もちろん自分のも)の行為が行えなくなり考えていた来春の統一地方選挙の工程が1か月ぶっ飛びました。

本日は月末でありながら週末の日曜日でしたが約3か月前、2か月前から予定されていた行事やイベントがありこれは主催者になったりご招待をいただいていたりで「選挙ですから」という理由ではお断わりができない性質のものでしたから予定どうり出席させていただいておりました。
さて明日から師走です。
霜月も終わり
11月も終わりというのにまだ暖かい感じの朝でしたが雨は強く降っていました。
午前中、安曇川ふじのきホールに行って「子育て支援講座」のご挨拶だけしょうと館内に入りました。
教育・心理カウンセラーの富田富士也氏が講演されたのですが出演交渉に1年以上かけてやっと高島市に来ていただいたと司会から聞いてそれでは少しお話をと思って腰を掛けたらそれから2時間集中して聴いてしましました。

私は困ったことに人の話を一対一(いったいいち)以外で聞いていると寝てしまう癖がついていて講演などは特にそうなるので時間がもったいないのであまり講演は好きではないのですが富田氏のお話しには引き込まれました。
会場には女性9割、それも年代的には20代から30代の方が多かったように思えましたが講演終了後にサインなどで長蛇の列ができていたのを見て有名な方なんだなと認識しました。
私も子育ては半分以上終わった気持ちになってはいましたが親子の人間関係というものはそれこそ生涯のものと今日のお話しを聴いて思い直した次第です。

午後からは同じ安曇川で衆議院選挙の選対会議をそれこそ夕方いっぱいまで市内保守系議員の皆様とさせていただいておりました。
選挙走り
すでに衆議院総選挙の日程は示されましたので陣営としては公示までにできるだけ訴えをさせていただかねばならぬと本日は大岡敏孝氏、高島入りして各地域を周らせていただいておりました。

午前中一番に高島町商工会で大勢の皆さんにお越しいただいて2年と短い任期でありましたが実績と抱負を語らせて頂きました。
その後、安曇川文芸会館、今津可以登楼別館、マキノ町商工会、朽木商工会などそれぞれの会場をお借りして皆さまに語らせていだだくことができました。
いつも感じるのですがこのような選挙モードの時こそ有権者の方々の一言一句が身に沁みます。
秋のなごり
もう晩秋を迎えていますが今日は比較的暖かで過ごしやすい日でした。
朝から地元の「そばフェスタ」におじゃまをしてオープニングでテープカットを務めさせていただきました。
市内外から特産品や発酵食品、もちろん蕎麦、酒、調味料など多種彩々で楽しませていただきました。

午後からは大津に出て仕事。
何の仕事かと言えばこの時期ですからご推測いただくとして、夕方は高校時代の同窓会に出席して旧交を温めました。
行事の秋
秋の週末はイベント・行事が目白押しになります。
本日も日曜日ということで市内では様々なイベントがあったようです。

朝からは遺族会に伺いました。
安曇川で開催されたわけですがそこから今津に走り、陸上自衛隊今津駐屯地創立62周年式典・訓練展示に出席させていただきました。
ところが朝からあいにくの雨でどうなるのかと心配していたわけですがそこはやはり自衛隊の皆さんです、雨など降っていないが如く精強な訓練を披露してくださいました。
観客も例年に比べても変わらず、大勢の来場者がありそれぞれカッパを着用したり、傘をさしたりで見守っておられました。

多忙な日曜日
日曜日ですが朝から集落のイベントに参加。
そのまま今津で行われた福祉大会に出席。
安曇川に走って食育セミナーに参加。
今津まで戻って会議。

昼からは安曇川に行って交通安全大会に出席。
夕方からは今津で会議。
走り回っていました。
死ぬ思い
今日も晴天です。
そのこと自体はいいのですが今日は「ひょっとして死ぬかも」と思いました。

朝4時に起床。
外は真っ暗でした。
朝起き会に参加。

ろくに寝ていないのにマキノピックランドで開催された「栗マラソン」にランナーとして出場。
2kmですが走りました。
普段は運動をしていない弛みきった体がすぐに悲鳴をあげてホント辛かったです。

そのまま今津総合運動公園に行ってソフトボール近畿大会に参加。
終わってから車で大津をめざしますがすでに新旭で161が行楽帰りの車・車で大渋滞。
しかたなく朽木まであがって367号で鯖街道を南下して堅田に出て浜大津まで。
そこから自民党知事選挙総括検証委員会で出席。
終了してから高島の自宅まで50㎞を運転。
さすがに眠くて死にそうになりました。
トライアスロンをしているような一日でした。
台風一過の朝
スーパー台風19号が去った朝、「被害はありませんか?」と呼びかけていたら「石田さん、あんたの看板が真っ二つになって倒れてるで」と通報をいただき慌てて現場まで取りに行きました。(実話です)

午前中は自民党颯新の会でつくった街宣カーで高島を周る予定でしたがまだ雨脚は強く、これを延期しました。

夜は自民党高島連協の役員会を開催させていただきました。

今日の教訓:この世はいがみ合えば地獄、助け合えば極楽
台風19号上陸
台風が近畿地方に最接近するのが今日の夜ということでもちろん私も自宅待機です。
関係の方々もそれぞれ配置についておられるとみて強風で窓をたたく音を除いては静かです。
道路を通行する車も少なく、ただ台風が去るのを待つのみの一日でした。
営業日
世間では3連休の中日ですが私たち議員にとっては大切な「営業日」です。
まず今日は「運動会が多い」。
朝から大津にある武道館で少年スポーツ団による空手道競技交流大会に来賓として出席、ご挨拶をさせていただきました。
しかし、地元高島市では運動会が目白押しでなかには午前中に終了するものもあり、大至急高島まで走りました。

帰りの161号ですが大阪や京都ナンバーの車がびゅんびゅん走っていました。
台風が来ているのに行楽なのだろうかと考えました。

湖西線は明日止まりますと予告があったそうです。
風に弱い湖西線。
止まるのは乗客の安全対策の為と理解はしますがそれでも予告で止まるとは悲しいものです。
その路線に住んでいる我々としては心境複雑です。
続・運動会
朝から今津西小学校の運動会に行きました。
この学校も今年いっぱいで廃校が決まり、これが最後の運動会となってしまいました。
地元の方々とお話ししていても長い歴史がある学校がなくなることについては釈然とされてない様子で「話合いが足りない」とご不満の声があがっていました。
この前に議会懇談会で草津市選出の駒井千代議員とお話をしていて草津市は児童数が増えてもう一つ小学校を創設するということをお聞きして、学校がなくなる地域と新たに創られる地域の格差に大きな隔たりを感じました。

午後からはマキノへ行ってカントリーフェスタに伺いました。
夜は自民党今津支部の研修会に参加、県政報告をさせていただきました。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter