ゆうすけブログ
ハウスのプリンは昭和の味
先日は新朝ドラの「ひよっこ」が昭和39年からスタートしたお話をしました。
この昭和39年(1964年)はお菓子界ではエッポックメーキングが起こっていたのです。
ずばり、ハウス食品工業が「プリンミックス」を発売したのです。

それまでプリンを食べようと思えば都会の洒落たレストランでデザートを注文するか、喫茶店でというパターン、あるいは母親がよっぽど暇で(失礼、時間的余裕があり)かつお菓子作りの趣味などをお持ちになっていないとありつけなかったのです。
街のお菓子屋さんでは1個いくらのプリンが見渡らず、あっても高級品でした。
デザートという概念が普及しておらず、お菓子職人と言われる人がまだ存在せず、もちろんパテシェなどというこじゃれた言い方などは平成になってからです。

「プリンミックス」の登場は簡単に家庭でプリンが楽しめるコンセプトを提供したのです。
ハウスプリンの名は不動のものとなりました。
小学生の私たちが午後3時ごろ家に帰って先ずすることは「冷蔵庫を開ける」ことです。
庫内にプリンが固まって出来上がっていれば弟や妹の分まで頂き、一気に外へ出て少年野球に興じます。
夜は母から怒られておかずが一品減らされても昼下がりのプリンの誘惑には勝てませんでした。

「プリン、プリン、ハウスのプリンが冷蔵庫にありますように」と願をかけながら下校する毎日でした。
夏になるとこれもハウスの傑作「ゼリエース」や「シャービック」が待っていたりで後の「フルーチェ」も結構楽しめたのですがまた格別でした。
プリンを食べる時は慌てず別添の粉状「カラメルソース」を水で溶いて上からかける、カラメルだけに絡めないとと小学生ギャグが炸裂したものです。
この少しほろ苦く、しかし香ばし甘いカラメルソースがプリンの風味を引き立てました。
まだスイーツなどという言葉がなかった頃の話です。


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter