ゆうすけブログ
本屋の衰退
運送業大手のヤマトを始め運輸業界は宅配運賃の値上げに踏み切るそうです。
理由は人出不足。
きめ細かいサービスを維持するにしてもそれを支える人材が集まらないという背景があります。
24時間営業などオールタイムのサービス提供で伸びてきたコンビニ業界や飲食業界も慢性的な人手不足で営業時間の見直しを強いられています。
必然的に労働形態の歪が生じ、企業内ではサービス残業の慢性化により過労死、もっと酷いケースは自死などのケースが見られ社会問題ともなっています。
過労により作業中の事故なども増えてきています。
例をあげて非難するわけではありませんが居眠り運転による交通事故なども増加傾向にあります。
(一昨日の高速道路での大型トラックがバスへの後方からの衝突事故で高校生を含む2名の方がお亡くなりになりましたが運転手が前を見ていなかったと警察の取り調べに運送会社に立ち入り調査に入ったというのは単純に前方未確認ではなく居眠り運転つまり過重勤務の実態が疑われます)

本日のブログはそのような日本の労働形態の在り方を取り上げようとしているのではなく私が最近身近に感じたことを書こうと思っていましたが表題の「本屋の衰退」というテーマで最近は書店に行っていないな、本を買うのもAmazonばかりだし、とか思っていたらそう言えばAmazonも流通が伸びてきて荷物を扱うヤマト運輸などがついて行けない状況だと思って冒頭から脱線しました。

さて、本屋のことです。
日本人の読書習慣が年々時間的に減少しており、理由の一つには先ほどの労働時間の長時間化で本を読むゆとりもない、必要な情報はスマホから仕入れられるなどの生活様式の変化や価値観自体の様変わりなどがあげられますが、私は書店立ち読み派であり、本屋にぶらりと入って立ち読みをしながら気に入った、気になる本を買うというスタンスです。
Amazonなどの通販は便利なのですがやはり自宅に届いてみて内容にがっかりという経験は幾多あります。
その点、書店では本を実際に手に取り、装丁から目次に目を通し、これは面白そうだと確認して少しパラパラと読み、納得の上でレジに持っていけるので(はずれ)があまりありません。
これが書店の強みだと思います。

ところが最近はこの書店でもよからぬ処置が施されているのを嘆くことがありました。
私が仕事帰りにたまに立ち寄る書店ですがそこそこ大きく店内も明るく、本の陳列も見やすく、品ぞろえ(本ぞろえ)も入れ替えがしっかりできているので気に入っていた店のことです。
いつものようにワクワクしながら入ると本にビニールでカバーがかけてあり破らないと中が読めない状態になっていました。
文庫・新書・単行本・新刊書みんなそうです。
あと週刊誌なども。
これを店員のいる前でビリビリ破って中を平然と立ち読みする勇気は私にはありませんでした。
しかたなく何も買わずに店を出ました。
ビニール越しに表紙だけ眺めていてもしかたなかったからです。

以前、コンビニで週刊誌をビニール掛けする店がかなり出ましたがすぐに撤廃しました。
客からの苦情があったのと売り上げが下がったからです。
中身を確認できないものを誰も買わなくなったからだそうです。
これらの書店もこのような愚を犯しています。
これでは本屋の役割が果たせなくなるでしょう。
私もこの書店にはもう行かないと思います。(時間の無駄だから)

統計によりますと全国の本屋の数が激減しているようです。
2000年に全国で21、495店舗あったのが2015年になれば13、488店舗にまで減っているそうです。
そういえばあの書店が閉めてしまったなというのがみなさんの地域でも心当たりがあると思います。
読書習慣が変遷している今日、本屋さんも経営が大変だとは思うものの書店としてできること、多様なサービスの開発を心がけていかねばこの出版不況のなか衰退業種に確実にエントリーしてしまうでしょう。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter