ゆうすけブログ
候補者はピッチャー
今、滋賀県下では近江八幡市が市長選挙に入っています。
現職と新人の激突です。
この選挙の戦局分析は書きませんが私は選挙の度に選挙に立候補する人(候補者)は野球で例えると党首じゃなく投手(ピッチャー)のようなものと思っています。
保守じゃなく捕手(キャツチャー)は選対本部長や後援会長となります。

選挙戦を自分で投げ切るのはとてもエネルギーがいるものです。
多くの候補者はキャッチャーのサイン通りに選挙中は戦います。
何処を周って、何をして、夜はどこに立つとか、個人演説会は何をしゃべるとかは選挙対策本部(選対)の指示で動きます。
私も自分の選挙はこのパターンで選対任せでした。
その方が楽だからです。

ですがたまにキャッチヤーのサインに首を振り自分の好きな球を投げ込む候補者もいます。
またはキャッチャーにサインなど出させずに鼻から無視して投げる人も。
球史で言えば(金田天皇)と呼ばれたカネやんこと金田正一氏や(優勝請負人)の異名を持った江夏 豊氏などはそのタイプでした。
彼らは格下の捕手など球を投げ込むミットに過ぎないと割り切っていた向きがあります。

もちろんこれをやれば選対も面白くないので軋轢が生じて集票に影響がでることは容易に想像できます。
それでも勝ってしまう剛腕の人が出るのは選挙と野球の面白いところです。





カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter