ゆうすけブログ
韓国の憂鬱
こんにちは、猫と政治とラーメンが好きな石田祐介です。
政治と言っても地方政治に関わってきた私がブログでは国政の事項を良く書き込む理由は自分でもわかっています。
「国政なら差しさわりがない」・・これがすべてです。
少し物事が大きいのでぼやけてしまうのがいいところです。
私の地元の市政やもしかしたら県政でも書いてしまうと身近過ぎてブーメランのように跳ね返ってくるのでネタがあっても書けません。
すぐに名誉棄損訴訟を起こしたがるおっちゃんとかが相手になりますから。

というわけで新聞記事などを読んでいると最近、韓国に対する日本国内の記事が減っているのに気がつきます。
あるのはバッドニュースぐらいでしょうか。
近頃では現在政権である文大統領の前の朴槿恵前大統領に懲役28年が確定したというニュースが流れました。
実刑判決ですから彼女の歳を考えると死ぬまで刑務所に収監されるということになり事実上の無期懲役判決です。
その前の李明博元大統領にも収賄容疑で裁判が行われていましたが有罪が確定しました。
歴代大統領が次から次へと逮捕・自殺していく韓国の政治ははっきり言って病んでいます。

病んでいるのは残念なことに政治だけではなく社会そのものかもしれません。
韓国の失業率はこの春にも過去最高を記録しました。
WHOが毎年出している各国別10万人当たりの自殺率統計では2004年からぶっちぎりで今年も含めて14年連続で首位をキープです。
日本の自殺者のように病苦などの理由ではなく経済的貧困が主な理由となっています。
社会的に格差が広がり、若者は幼年から受験戦争を強いられるか、人生の早い段階からドロップアウトを余儀なくされている超格差社会が進行中ではなく固定化しています。
以前報道され少し面白かったのですが大韓航空の社長の娘(当時副社長)がフライト前に出されたスナックの豆菓子が美味しくないと言って離陸直前に機長に命令して滑走路からピットに引き返させた事件、いわゆるナッツ・リターンはさすがに韓国大衆の怒りをかい、裁判となり公道で土下座をしていましたものの、今月はその妹(専務)が会議中にコップの水を部下にぶちまけて話題になりました。
批判をあびているうちによく調べれば空港での免税措置も取らずに長期にわたって持ち出し等の脱税疑惑で起訴されました。
立場を悪用したセコイ事例ながら韓国では財閥系経営者一族と一般大衆がれっきとした身分制度の中で生きている証左でもあります。

日本の外務省がwebサイトで表記している対外表現で韓国については今まで最大限の配慮と敬意をもって「我が国に対して最も重要な隣国」と流していましたが文言が削除され、「両国は困難に直面しているが最も需要なのは未来志向で各分野において協力を推進すること」とあっさりした内容に変更となっています。
ぶちあければ「日本と韓国の仲はうまくいっていないが過去の歴史とかを韓国がうだうだいつまでも言っていないで未来を大切にして国交を構築したら協力関係も築けるんじゃない」という突き放しです。
おそらく2015年に日韓で調印した「慰安婦合意」を文在寅政権がちゃぶ台返ししたことについての静かな怒りです。
今の韓国外交には品格がありません。
そのわけは韓国政府が胸に手をあてて考えるべきです。








カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter