FC2ブログ
ゆうすけブログ
生きるべきか死ぬべきか
今日はお休みの日です。
朝から゛忙中閑あり゛と洒落こんでスーパー銭湯に行きました。
私は時折、自分の疲れを癒すために銭湯に行くことがあります。
平日の午前中なので入浴客はまばらでしたがそれでもご隠居めいたお年寄り以外に働き盛りの年齢の男子も何人か入湯していました。
湯船につかり何気なく他の客の様子を眺めていた私は不意に(私はなぜ生まれてきたのだろう、この世に何をしにきたのだろう)という人生のというか生き物として根源的な疑問が頭をよぎりました。

人は生き死にを自分の意思で決めることができるのだろうかという今さらながらの質問です。
哲学的というか、神学的というか古今東西より多くの人々がこの難問に挑戦してきました。
自分の意志で死ぬことは可能です。
よくいう自死・自殺というやつです。
しかし、いつか来る゛死゛を回避することは誰もできません。
老衰死、病死、事故死・・人の意志に反してそれはやってきます。

それでは゛生まれる゛という点ではどうでしょうか。
(よ~し、そろそろ生まれてやるか)と明確に思ってこの世に誕生したという方はぜひ連絡して頂きたいものです。
インタビューをさせて頂きたいものです。
多くの人は幼年期のある日、ものごころつき自分自身が生まれてきて存在することを悟ります。

このように考えると人生は生きるも死ぬもそのタイミングをはかれないという誠に不自由極まりないものと考えてしまいます。
他の人に意見を聞いてみると、「だから生きているうちが華なんだ」、「人はそれぞれが使命を持って生まれてきた、その使命を探すのが人生」、「生まれたからには面白おかしく過ごせればそれでいい」、「人生には何の意味もない・・」など種々の考え方があります。
ますますハムレットのように「生きるべきか死ぬべきか、それが問題だ」という心境になっているうちに風呂につかり過ぎでのぼせました。






カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter