FC2ブログ
ゆうすけブログ
日本は英語圏?
外出して見慣れた近所を歩いているとパトカーの巡回に出くわしました。
それ自体は特別に不思議なことではなく、勤務ごくろうさまですといった感慨ぐらいしか湧かなかったのですがこれも見慣れたはずのパトロールカーを眺めていて(おや?)と思ってしまいました。
日本の警察のパトカーは上部が白で下部が黒、これは白黒をはっきりするという意味でデザインされたと聞いていたのですがその車体下部の黒部分に白文字で(POLICE)と書かれてあるではありませんか。
(あれ、あんな文字いつから書いてあったけ?)とつい思ってしまいました。
ポリスはもちろん英語で警察ですが日本国の公務車両に何で英語が表記されているんだろうと素朴な疑問が湧いてきました。

理由として考えられるのは・・
1)日本はまだ独立していない・・サンフランシスコ講和条約は実は嘘で依然としてアメリカの実効支配を受けている。
2)海外からの外国人が観光・留学・就労様々な理由で入国してきたので国際語と言われる英語表記が採用された。
3)お洒落だから。

3)は別にふざけて言っているのではなく、リアルに漢字で(警察)とか(警視庁)とか書かれていると威圧感が増してしまうのでライトな感覚で英語を採用したと考えて頂ければ結構です。
そう、単に語感の問題です。

そもそも人種が交差する商業地や観光地ではもちろん多文化・言語の最低限の理解を求めるために各国言語表示があるのは常識となっています。
日本でも平成になって駅や宿泊施設などのトイレ、非常口、浴場など公共・民間施設では英語・中国語・韓国語などが見受けられるようになりました。
そのこと自体は不思議ではなく、私たちも海外に行った時に日本語表記があれば便利とともに安心感もあります。

ここで問題なのは(なぜ警察?)の観点です。
見方を変えてこれが陸上自衛隊の車両だったらどうでしょうか?
(ARMY)と書かれてあったら・・。
おそらく社会問題になるというか論争になるに違いありません。
開き直って(陸軍)とか(軍隊)と書かれてあったら自民党総裁選もぶっ飛んでしまいます。
左派と言われる論客が「いつから陸自は軍隊になったんだ!」と騒ぎます。(容易に想像できます)
マスコミも大いに取り上げます。
そうなると仕方がなく(自衛戦力)と書き直したりすると「やはり自衛隊は戦力だったのか!憲法違反だ、違憲の集団だ!」と追い打ちをかけられます。
今日のブログは別に改憲問題を考えるでも国防を論じるでもなく、あくまで素朴な問題提議に留めておきたいと思います。
私が言いたかったのは(外国語はソフトで母国語は生々しい)という現実です。





カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter