FC2ブログ
ゆうすけブログ
作者と作品の寿命
平成最後の夏はものすごい酷暑だったと語り継がれることでしょう。
熱中症という言葉を毎日聞きながら暮らしました。
秋の訪れをようやく感じ始めた昨今ですがこれからが溜まった疲労が出てくる頃です。

同年代、とりわけ同級生と言ってよいのか同年の訃報を聞くと心が落ち込みます。
すでに報道されているように漫画(ちびまる子ちゃん)などの作品で知られる、さくらもも子さんが先月15日にご病気の為お亡くなりになりました。(享年53歳)ご冥福を心よりお祈り申し上げます。
私もファンでしたので漫画はもとよりテレビアニメなどもよく観ていました。
テレビのアニソン、BBクイーンが歌う(おどるポンポコリン)は何か聴いているとテンションが上がり、気持ちがハイになったものです。
さくらさんにはもっと活躍してほしかったと思いながらつらつらと作者にとって作品とは何かと考えてしまいます。

戦前、子どもたち(特に男子)に人気があったのが田川水泡氏の(のらくろ)と島田啓三氏の(冒険ダン吉)であり、少年倶楽部やキングなどで漫画界の世相を二分する好評を博していました。
(のらくろ)などは戦後昭和40年代までテレビアニメとして番組制作をされていましたが内容は原作の主人公のらくろが軍隊生活を送りながら軍功を立て立身出世をしていくという戦前の軍国少年の夢を煽るという作風からがらりと変わって下町の野良犬のらくろが仲間の犬たちとほんわか生きていくというストーリーに変更されていました。
(冒険ダン吉)に至っては南洋の小さな島に流れ着いた日本人少年が勇気と知恵を振り絞り、現地人(これも危ない表現なのですが)の尊敬を得て島の王になっていくという筋立てです。
戦後、外国への侵略をイメージした作風と批判され現在ではほとんどお目にかかることがありません。

さて、それでは戦後この(ちびまる子ちゃん)の先輩作品として一世を風靡した(している?)のが長谷川町子氏の(サザエさん)でしょう。
本当に息の長い作品で戦後間もない1946年(昭和21年)西日本新聞の姉妹紙である夕刊フク二チで連載がスタートしています。
平成の現在ではテレビで日曜日8チャンの18時30分からアニメが放送されています。(18時からは゛ちびまる子ちゃん゛が放映)
このサザエさんのテーマ曲がお茶の間に流れると世のお父さん方は(あ~ぁ、また明日から仕事か・・)とブルーになることから「サザエさん症候群」とも言われました。
ちなみに作者の長谷川氏の先生が(のらくろ)の田川水泡氏であることはもう忘れられています。
長谷川氏は平成4年自宅の窓から落下し全身打撲、事故死されました。(享年72歳)
(サザエさん)は家族漫画の中核として戦後の国民に安らぎと潤いを与えたと国民栄誉賞が贈られています。

ただ、最近の(サザエさん)は視聴率が低迷気味で長年のスポンサーも支援の打ち切りをほのめかしており番組としての寿命がそろそろ危惧されてきています。
これは作品の質が落ちたのではなく、おそらく祖父・祖母・嫁・夫・長男・長女・孫といった3世帯・大家族制を舞台にした物語がそろそろ世相と著しく乖離してきたことが影響しています。
現在は核家族・ダブルインカム・ノーキッズ・非婚化・晩婚化の時代であり、(サザエさん)の世界観は当世からしてみれば現実離れしていると思われているのでしょう。
しかしながらこのことは(サザエさん)が戦後の復興期から高度成長期、成熟期に日本人に提示してきた家族像が陳腐化したと軽々に批判できるわけでもなく作品として時代を映す大きな鏡であったことは否定できません。

およそ漫画に限らず書物(文学・評論など)はその作品が作者と同じ寿命を越えたあたりで世相の評価に耐えているかで古典・クラシックと呼ばれるものと思います。
その意味からも(サザエさん)は1946年の連載開始から今年で72年。
ちょうど作者の長谷川氏のご生涯と並びました。
すでに古典と呼ぶにふさわしいでしょう。








カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter