FC2ブログ
ゆうすけブログ
下駄のお守り
今現在は、そうここ12年ばかり家族旅行というものを全く行っていません。
結婚して子どもが生まれて学校に上がる前や彼女、彼らが小学生だった頃は海外旅行はさすがにおさなごを連れては体力的に無理なので国内に絞って年2回ばかり行っていました。
あれは私の初めての選挙がやっと終わった夏(平成18年)だったと思います。

10か月にも及ぶ選挙活動で心身ともにヘロヘロになっていた私は息抜きに家族を連れて1泊で飛騨高山に行きました。
川沿いの旅館に投宿してから夕飯前に散歩でもしようと街中を歩き始めました。
飛騨の古風で落ち着いた佇まいの家並みと川向うにテントを張った「出し物市」が見えたので行ってみました。
地元の野菜や特産品などが置かれた出店を見て回っていると一人のおばあさんが守をする民芸品店の前に来ました。
店と言ってもテントもなく露店で机に品物が並べられただけお店です。
出し物を見ていると小さな下駄の置物に目が留まりました。
二足で掌にのるぐらいの置物で赤く塗られていました。
おばあさんが「下駄の置物を便所に置いておくと転ばないと言うんだよ」と説明してくれたのを何となく聞いていて一種の厄除けと思って買って帰りました。

家に戻って下駄の置物をトイレの窓際に置きました。
それからこの平成30年夏まで私と我が家の運勢は二転三転、転ぶわ転ぶ、谷底まで急降下でした。
世間から見れば山道をゴロゴロと転がり、落下していき(あいつ死んだな)というぐらいの凋落と没落ぶりではなかったかと思います。
もっとも転がっている本人にしてみればそんなことを考えている余裕がなく、ただただ骨折など怪我をしないように、頭を打って死なないようにとひたすらどんどん転がるのが止まるのを必死で祈るばかりでした。
一度同じ境遇に陥った人の話を生で聞いたことがありますが「あれは地獄やった」と言われていたのを私もそうだろうなと思ったこともあります。
もう一家離散か夜逃げかと日中くたくたになってそれでも帰巣本能で我が家に戻り、疲れた体を引きずるようにまずトイレに入ると飛騨で買った下駄のお守りが目に入り、(何が転ばないお守りや、嘘ばかりだ)と何度思ったでしょう。

日曜の今朝、この前の地震で北海道が大変なことになっており行方不明の方の安否確認に山中を歩いている捜索隊のニュースが流れていました。
コーヒーを飲みながら報道を見ていた私はそれでも本当に家財産を、家族を、命を失った方々に思いを馳せれば私の10年の受難など何でもないと思えてきました。
まだ生かされていることに感謝の念しかありません。
転んだと思った私の人生は本当は転んでもいなかったのだと思えてきました。
世間一般ではみなさん同じように歯を食いしばって生きていることに気が付いたのです。
まだまだ私は甘かったようです。
何事もなく無事人生を謳歌できる人はそれはそれで良いと思っています。
運と実力もあるのでしょう。
そうではないごく普通の市井の人間である私などは天が与えてくれた試練を越えていく楽しさもあるのではないかと思い至った災害報道でした。
平成最後の夏は本当に酷暑と災害の夏でもありましたが我が家のトイレにはそのまま変わらず下駄の置物があります。






カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter