FC2ブログ
ゆうすけブログ
NHKドラマの出来・不出来
私はテレビでドラマと言うものをほとんど観ません。
夜、疲れて家に戻り私の生活自体がドラマなのに他のフィクションを眺めようとする気力が湧かないのが理由です。
たぶん観ていると寝てしまう陳腐なドラマも数多くあります。
そんな私でも10代の頃からNHKの朝ドラと大河ドラマは観てきました。

朝ドラはだいたい当たりはずれがなしで安心して観ていられます。
問題は大河ドラマでこれが毀誉褒貶が激しい作品が多いというか、傑作もあるのですが問題作や愚作も数多くありました。
そんなドラマに当たればその1年間は不作の年と諦めるお百姓のようなものでした。
脚本・演出・俳優の演技・時代考証・舞台・大道具・小道具と確かに大河ドラマを創るというのは大変な作業と思っても国民から広く視聴料を集めている以上は納得のドラマをNHKには制作してもらいたいと思っています。

さて今年の大河ドラマ「西郷どん」は間違いなく駄作です。
回を追うごとに観る気が失せてくるのですが秋になりもはや惰性で観ています。
衛星放送1年分一括払いを返して欲しいと思っています。
俳優陣はまあいいでしょう、懸命な演技が見えてきます。
問題は時代背景の捉え方と考証と脚本の不出来です。

初回からもたもたしていたのですが前回は酷かったです。
幕末のクライマックス戊辰東北戦争を完全にすっ飛ばしていきなり明治政府成立まで行ってしまい目が点になりました。
「このあと甲州・会津・越後・函館と戦乱が続きますが時代は明治の夜明けを迎えました」とナレーターが読んだ時は(こりゃ端折り過ぎだわ)と憤慨したものです。
ある意味、西郷隆盛の黒歴史ともいうべき戊辰戦争を脚本家もスルーすることにより真実を隠そうとしているとしか思えないあざとさでした。
西郷が組織した赤報隊の非道とそれを使い捨てにした非情や会津や二本松に対して行った京都以来の怨恨を晴らしているとしか思えない長州・薩摩軍の暴虐ぶりなどは歴史の事実としてきちんとドラマの中に繰り入れるべきだったと思います。
この大河ドラマ、ぜひ全国都道府県別に視聴率を公表してもらいたいものです。
東北地方、特に福島県などではがた落ちでしょう。

あと、相変わらず坂本龍馬暗殺の回などは人気があったようです。
今回は小栗旬さんが演じていましたがなぜか二枚目が担当する龍馬です。
何年か前の龍馬主役の大河ドラマでは福山雅治さんが龍馬役でした。
これは国民的作家ともいえる司馬遼太郎氏の「竜馬がいく」の影響が大なのでしょう。
天衣無縫でバンカラ、自由な行動力で維新の回天の原動力になった坂本龍馬。
なるほど国民に人気があるのは当然でしょうか。
キューバ革命のチェ・ゲバラが人気があるように。
しかし、これも司馬遼太郎氏の創作でしかありません。
フィクションであるから司馬氏も「竜馬がいく」とわざと龍馬を竜と書き換えているのです。
実際の坂本龍馬は幕末史から見ればただのグラバー商会の使い走りに過ぎない存在であり、そう評価するべき功績もありません。
もっと言えばやたら明治維新だとか平成維新とか維新という言葉をありがたがる日本人が多いのですが司馬遼太郎氏の一連の明治・幕末ものはあくまで小説であり、司馬氏は歴史家でもなく研究者でもなく(作家)なのですから物語はフィクションです。
それを司馬史観とも祭り上げてドラマ作成のモチーフにするからいつもNHKのドラマはずっコケると私は思っています。
一概に言えることはNHK大河の明治維新を扱った作品は今年の「西郷どん」もそうですが噴飯もののオンパレードです。
(誤解のないように申せば司馬遼太郎氏の作品は小説として読めば一流のエンターテーメントです)
言いたい放題になりましたがNHKさんもそろそろ独自の視点でドラマ作成をして頂きたいものです。
その意味からも次はあの戦国のダーティヒーロー(信長を殺した男)明智光秀がいよいよ主役で登場です。
期待したいと思います。






カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter