ゆうすけブログ
知事選挙混沌
大型の台風8号が少し東海に逸れるなか滋賀県への直撃はなくなったようですが知事選挙は過熱しています。
もっともお風呂のように上だけが熱いような気もします。

この選挙、今日の時点でもう勝負の行方はわからなくなってきました。
確か告示の日の6月26日は自民党推薦候補のK氏はM氏に対して10ポイントのリードをしていたような感じです。
それが東京都議(自民)の心無い、女性に対する最低の野次により「時代遅れの自民党」のレッテルが貼られ、石原大臣の「最後は金目でしょう」発言により「驕れる党」と批判され、極めつけは7月に入ると「集団的自衛権」の閣議決定があまりに進め方が強引と内閣支持率そのものが50%を切ってしまったあたりからぐんぐんM氏が伸びて逆に8ポイントの逆転をゆるしてしまいました。

7月6日の報道では「M氏リード、追うK氏」と言われました。
そこから政権党の意地が炸裂します。
各選挙事務所に中央から毎日、国会議員(閣僚級)が激励に周り、県・市議には石破幹事長が携帯に直接電話を入れてハッパをかけ、各種団体にも協力要請を怒涛の如く行った結果、「歴史に残る接戦」と呼ばれる状況が現出しています。

安倍政権にとって内閣の悲願であった憲法解釈について滋賀県知事選挙がそのまま信任投票になると同時にこのあと行われる福島県、沖縄県という原発問題、基地問題という国政でも最重要課題の方向解決をそのまま意味する知事選挙のリトマス試験紙ともなった滋賀県の戦場です。

ここで敗北した場合は政権のダメージが計り知れないものとなります。
私たち自民党県幹部も中央に会す顔がなくなるでしょう。
おそろしいことになりました。
あと選挙戦は2日間です。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter