ゆうすけブログ
敗戦の朝
選挙で負けた朝は疲れがどこまでもひっついてくるようで気だるく体が思うように動きません。
しかし候補者とそのご家族は私たち支援者とは比較にならないぐらいの衝撃を受けています。
それを考えただけでもまた体が動かなくなります。

コンビニで朝刊を買っていると隣町の区長さんが声をかけてくださり、「おい・・だめだったな」とまっすぐ目を見ておっしゃると「はい・・・」とこちらは自然に頭がさがり次は「すみません・・」と言葉がもう出ない状況です。
負けられないし負けてはいけない選挙に負けてしまったとその時も痛感するのですが取り直しはもうできません。

私も高島市で自民党推薦候補を応援した主導者として市内のあちこちにお詫びの訪問をいたします。
「なんでこんなことになった」。
「これからどうするんや」。
「結局、自民党は選挙が下手や」。
「もう自民で出る人はいんようになったで」。
耳が痛くて引きちぎれそうでした。

石破幹事長から電話が入りました。
おそらく自民系県議にはされているのでしょう。
ご丁寧なねぎらいの言葉をいただきました。

政権党の幹事長が一地方議員に敗戦の翌日に電話をされるのには意味があるのでしょう。
考えられる理由。
①疲れているだろうから慰安の意味で。
②党本部としては大切な選挙に負けてはらわたが煮えくり返っているがやんわりと叱責してみる。
③この敗戦での党所属地方議員の離脱を含む造反をおさえる。
④もう知らんからなというメッセージ。
どうなんでしょう。

しかし、K氏を応援した何人かの方々が「この結果を反省して明日からがんばります」とFBなどでコメントしているのを拝見すると正直言って「言葉が軽いな」と思わざるをえません。
何にがんばるというのでしょう、そんな月並みな言葉で事態を修飾していいのでしょうか、滋賀県の政治を左右する選挙を戦い敗北した責任を本当に感じているのでしょうか?
疑問です。





カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter