ゆうすけブログ
日本の昼食事情と食の安全
日曜日、市内を走り回っていた私は喉の渇きをおぼえ、お茶を買おうとコンビニの駐車場に入りました。
何と!駐車場は一杯で車を停めるスペースがありません。
しかたなく向こうの端の方へ行ってようやく駐車しました。
ここはハリーポッターで賑わうUSJかいなと思いながら店内に入ると中はガラガラ。
おかしいな?あんなに車が停まっているのにと駐車場の車を見てみたら、車内にみんな乗っていてエンジンを回しながらお弁当やカップラーメンを食べているではありませんか。
なるほど、日本の昼飯事情も変わってきたなと納得。

さてマクドナルドやファミマに鶏製品を納めていた中国の食品加工会社の利益追求というよりもモラルが崩壊している工場生産の実態が日本のマスコミでも紹介されています。
実は私は外食ではハンバーグは食べません。
好きですけど。
理由は外食のハンバーグには何が入っているかわからないからです。
別に疑うわけではありませんと言いたいのですが「疑っています」。
それが今回のチキンナゲット事件でも立証されているとさえ思っています。
もともと「外で食事するときはその食材の姿を残しているものを注文しろ」と言われていました。
腐った、あるいは腐りかけの肉の味がしないものを「特製デミグラソース」なんて濃い味つけで食べさせるのが悪徳外食産業の手口ですから。
それに加えて産地偽装や成形肉などあの世界は闇だらけです。

本日は朝からは地元で行われたペーロン大会の応援。
午後からは朽木を挨拶回り。
それからマキノのピックランドにイベントを覗きに伺い、夕方は今津で打ち合わせ。
夜は長浜に選挙の件で訪問。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter