ゆうすけブログ
始動
今日は盆休明けですからある程度の覚悟はしていたのですが電話がじゃんじゃんかかってきました。
仕事が再開されたのです。
私の仕事はどうしてもお役所が開いていないと進みません。

盆のiあいだにはまとまった時間があり思索にふける余裕もありました。
その中で1か月前の知事選挙で自民党候補が敗れたのはいろんな要因が重なったとは言えやはり合点がいかないと考えていました。
そこでつらつらと考えるに思い起こしたのが市町との関係です。

県会議員も知事との距離をできればおきたくない、できれば知事め、いや縮めたいと考えるのですが県内の市長や町長、もっと言えば自治体の幹部はもっと切実なものがあるはずです。
県議は知事に対してわあーわあー言っていればそれなりに格好はつきます。
他方、首長は結果を出さねばなりません。
これが地方における長と議員の「溝」なのです。

そのような訳で首長は余程のことが無い限り保険の意味で「現職支持」なのですが4年前の知事選挙はそんな保険はかけたくない、その余程の状態でした。
当時の自民党県連幹事長が和歌山で行われていた全国市長会にまで駆けつけて県下市長さんと知事選挙の選考について話し合ったと聞いています。
それぐらい切羽詰まっていました。

今回の選挙はそんな雰囲気ではありませんでした。
現職が引退を表明してどう転んでも新知事は新人ということが「保障」されてから気が抜けた点は否めません。
そこで知事選挙よりも原点の候補者選考過程で市長会を巻き込んでいなかった点が祟って期間中の市町では多くが「消極的支持」に留まったり、或いは「積極的反対」を露わにされたりで、要は「あれは自民党の勝手選挙だ」ととられてしまったのです。
「どっちに転んでも市町に損はない」という状況をつくってしまったことは戦略ミスでした。

本日は後援会デーでした。
午前からは女性部、午後からは後援会役員会。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter