ゆうすけブログ
携帯電話
私が携帯電話を受発信する時に気をつけていることがいくつかあります。
時代の通信はC TO Cです。
昔の取次電話、固定電話のように家族やオフィスの誰かが一旦受けて一呼吸という間合いはもうございません。
電話をかける、受ける時の一瞬が真剣勝負です。

【かける時】
・かける時は相手に対して用事がある時、連絡したい事項がある時、お願い事がある時、相談したいことがある時、ただしゃべりたいだけの時、いづれにせよこちらの一方的な思いつきでかけるのですから最大限にテンションを上げてゆっくり丁寧にしゃべることを心掛けています。
たまにかかってきた時にかけた相手がぼそぼそと小声でしゃべってくる時がありますが聞こえづらくストレスが溜まります。
「何しにかけてきたの?」と疑ってしまいます。
避けましょう。

【受けるとき】
・「かける時」の逆です。
相手はこちらに用事があるからかけてくるので、この時点でテンションはマックス、最大限です。
それだけに相手に敬意を表して受ける側もできるだけテンションと気分をハイにして爽やかに取りたいものです。
嫌そうに、面倒そうに「はぁい・・何か・・用?」とヤル気がない受け答えをやると人間関係が壊れます。
今日かかってきた電話に「はい!石田でございます!」ときびきび出たら、一瞬沈黙があり、続いて「あれ?留守電になってるわ、ガチャ・・ツーツー」でした。

まだ電話をかける、受ける際に気をつけたいことは多くありますが電話は便利な反面、相手の顔、表情がわからず声のトーンや話し方がすべてですから怖いところがあります。
正しいマナーを守った電話での会話を楽しみたいものです。

本日は挨拶回りですが何か疲れていて2人だけの方にお会いして夕方早くには自宅に戻りました。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter