ゆうすけブログ
存在と時間
ほぼ毎日観ているNHK朝ドラ「花子とアン」がもう今月で終わってしまいます。
現代人も当然ながら懸命に生きているのですがこのドラマを観ていて思うのは「それでも平和な時代でよかった」です。
月並みながら戦争は何も生みません、憎悪と喪失感以外は。
平和な時代に生活できていることに感謝です。

今朝、ちょっと考えてしまいました。
私は1965年(昭和40年)生まれのもうすぐ50歳のおっさんです。
何の取り柄もありません。
平凡パンチです。

ですが遠い出来事だったと思う先の大戦、大東亜戦争の終結が昭和20年8月だったのですから戦後20年しか経っていなかったことに今さらながら気づきました。
「戦争を知らない子どもたち」ですが20年なんかもうすぐ前の出来事だったのですね。
実は「戦後」は私にとってすぐ手の届くところにあったのです。
生まれて50年、その方が長い年月だったことに気づき愕然としました。
この感覚はちょっと文章では現わしにくいです。
ですからもうやめます。

本日は早朝から来客があって対応。
そこから県庁に行き、用事で京都市内に出向き、また大津に帰ってミーティング。
夜は高島で会合に参加です。




カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter