ゆうすけブログ
代表質問に想う
本日の県議会は代表質問でした。
これは交渉会派といって5人以上が構成する会派が行うことができる質問です。

所属の自民党颯新の会はぎりぎり5人ですから有資格です。
会派からは青木先生が質問されました。
あとは自民党県議団、民主党ネットワーク、対話の会が交渉会派なのですが慣例に従い所属議員が多い会派から質問することになっております。

議員が個人のテーマを見つけて質問する一般質問と違い、代表質問は不文律で県政全般の共通事項を取り上げることとなっています。
代表質問であまり自分の地元の話題や特定の団体、テーマについて質問するのはご法度になっていてそんなことをすると「そんな質問は一般でやれ!」と野次がとびます。

従いましてこの代表質問はテーマが誰が考えても似たり寄ったりになり初めに質問する会派ほど新鮮味がキープされ、後で質問する小会派は何かダブったような印象を与えるのです。
私がまだ自民党が一本化していた頃の大会派にいた時に代表者会議でよく他会派の議員から質問の順番をたまには変えろとよく言われていました。
今になって我が身に降りかかりよくご心情が理解できます。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter