ゆうすけブログ
季節の言葉
日本には春、夏、秋、冬という「四季」があり、1年12か月をもう少し半分に細分化して「二十四節季」と云い、更に三等分して「七十二候」という季節感を表わす季語があります。

今朝から高島はぼた雪が降っており、積もっていました。
これは真冬の雪ではなく3月紅梅の頃ぐらいの雪なので午後には淡雪が如く消えてなくなりました。

今現在を言うと季節は冬、冬至で「鹿角解つる」(しかつのおつる)となり大鹿つまりトナカイの仲間ですが角が抜け落ちて生え変わる頃をいいます。

今日で官公庁は御用納め、今は仕事納めと言うそうです。
そう言うといかにも私が県庁に行っていたかのように読者に錯覚を与えますがずっと高島市にいました。
それでも県庁正面で知事が妙なかぶりものをして餅をついており、「ひとつき!ふたつき!みかづき!」と言っていたのには率直に面白いと思いました。
ちなみに動画配信されたものを見ただけの事です。

今日の解釈:【ぼた雪】棚からぼた雪(餅)




カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter