ゆうすけブログ
高校3年生
本日は私の母校である滋賀県立高島高校第35期同窓会が安曇川で行われ参加いたしました。
私の在籍したころは45名10クラスつまり1学年450名の県下屈指のマンモス校でした。
ですから同じ学年、同級生でもクラスやクラブが違うと一度も喋ることなく卒業してしまい、社会に出て、地域活動に参加してから「ああ同級生だもんね」などと仲良くなるケースも散見されます。

本日は参加者450名のうち約160名でおよそ3分の1の割合でしたが幹事さんの計らいで楽しく和気藹々と過ごさせていただきました。
ありがとうございます。

次の集まりは10年後だそうですがその頃は私たちは60歳、つまり還暦なのですがどうも実感がわきません。
10年後はどのようになっているのでしょうか。
マクロ的には世界はエネルギーと食料の取り合いになっており、人口爆発から21世紀初頭よりの課題に直面しているでしょうし、日本では逆に高齢化社会の真っただ中の2025年問題を抱え、格差問題に弾みがついてしまい年金を始めとする医療や介護の分野で混乱を極めている可能性があります。
勝ち組、負け組ではなく生き組、死に組ほどのひどい状況にならないように今から国民的議論を活発化させねばなりません。
ミクロ的には私がどこで何をしているのかという些末な問題が発生しているでしょう。
これはあくまで社会にとってはどうでもいい問題なのですが、私にとっては大問題なのです。
「生きるべきか死ぬべきかそれが問題だ、To be or not to be that is a Question」

今日の解釈【高校三年生】言わずと知れた舟木一夫のヒット青春曲であるが昭和から平成にかけて人々から愛されている。NHK中心に舟木がいい年をしながら学生服姿で歌っていたが最近になってようやく年相応の出で立ちで出てくるようになった。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter