ゆうすけブログ
予算の季節
県(この場合は滋賀県)の予算審議が近づいてきています。
ここまで概ねの内容は固まったと思われますが、ここからの修正作業は丁々発止となっていきます。

国でも同様で一昨日でしょうか、総務大臣と財務大臣がH27年度の一般財源総額を約6兆5千億円とすることで合意がされました。
これは地方に周ってくるお金ということで私たち地方自治体関係者も注目していたわけですが、金額ベースとしては過去最高のものとなっています。
また「まち・ひと・しごと創生事業費」も新たに設けられ1兆円が計上されました。

そのような中、先月戦われた沖縄知事選挙では辺野古への基地移転反対派知事が圧勝したものの、政府との距離感が問題視されていました。
案の定、総理や主要閣僚とも沖縄知事は面会もできない状況であり、注目の沖縄への振興予算は減額となりました。
このことについて本日も官房長官に対して記者団から「基地移転反対に対することが減額につながったのか」と質問が飛んでいましたが、「そのようなことは理由ではない」といなされておりました。
もちろん聞いている者は(そんなことないやろ)と思って聞いているのですがこれは大人の会話ですから思っていても言えない含みがあるのは確かです。

そのようなわけで身もふたもないのですが政治も煎じ詰めればお金です。
もっと言えば「経済活動」です。
ニュースでやっていましたが中国の東南アジアへの経済援助がかなり強力になっていきているの対して日本のODAは円安の影響もあって減額の一途を辿ってきていると報道されていました。
お金で他国の政情を縛るのは如何なものかと日本経済が絶好調の頃は言われていましたがこれも冷徹な国際政治の潮流なのです。

今日の解釈【国際政治】財務大臣が総理の時に「国際政治のテキストは(ゴルゴ13)だよ」と語った時はテロが起こるのではないかと危惧したのは私だけだろうか。


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter