ゆうすけブログ
ビールをおいしく飲む方法
昨日は珈琲の話でしたから今日はビール(麦酒)の話を。

20才になった時、私はお酒をこれから飲もうと思いました。
それで一概にお酒と言ってもすぐさまテキーラやラム酒からはやはりヘビイなのでビールからと考えました。
それに当時、若者の間で噂になっていた村上春樹のデビュー作「風の歌を聴け」を読んで主人公の「僕」と友人の「鼠」が二人で一夏に25mプール一杯分のビールを飲んだと書かれてあって「これだ!かっこいい」と感じたのも動機でありました。

それで近くのコンビニでキリンラガーを買ってきて飲んでみたのですが苦くてちっともおいしくありません。
私は大人になったのに大人の味がわからないのかと落ち込みました。
それで無理やり考えたのが夏の事でしたが朝から夕方まで一滴も水を飲まず、当然、夕方になると喉が渇くというより体中が水分を欲して発狂しそうになるまで水絶ちを行い、しかもそのままお風呂に入るという荒行でした。

お風呂から上がると無意識に冷蔵庫まで走っていてビール缶をプルトップを開けてごくごくともう3口ぐらいで飲み干すのですがこれが堪らなくうまかったのです。
このトレーニングを1週間続けたらすっかりビールにはまりました。
もういついかなるときでもビールを飲めば「うまい!」と感じるようになりました。
そのころアサヒからスーパードライが発売され、ラガーと違った切れ味するどいシャープな辛口がまたうまいと思ったものでした。





カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter