ゆうすけブログ
高気圧ガール
台風6号は熱帯性高気圧に変わったとのニュースがあり、まずは一安心。

私は現在も自民党員ですが以前の小泉政権、そして現在の安倍政権に対して不安感を表明しただけで党紀委員会にかけられました。(昨年冬)
アベノミクスは地方に波及していないと言っただけです。

私にとって党やイデオロギーよりも故郷の皆さんの気持ち、暮らしぶりの方がはるかに大切であり政治はその道具にすぎません。
原発の再稼動については確かにどこかの新聞には「賛成」と言いましたが、それは一時的にしかたがないと思っていただけで本来の原発政策は見直すべきと考えています。
性急な農協改革が地方にもたらす悪影響も常に指摘してきましたし、反TPP論者です。
TPPに反対した東京での会合ではどこかの弁護士あがりの政治屋が「じゃ、対案をだせよ」と言ってきましたが、反対している、TPPは国民の利益を必ず損なう、やってはいけないと言ってるのに対案なんかあるものか、対案はやめろということだと反論すると「まず交渉に参加して不利なら抜ければいい」と言いました。
テーブルについたら最後、抜けられないのは子どもにでもわかりますのに。

地域を歩いて70代、80代の方々と意見交換すれば肌で感じます。
この世代の方々は戦争を知っているということです。
これは保守とか革新、タカ派とかハト派などとは違う次元の話であり、いかに戦争が醜く、戦火に巻き込まれたら人間性の欠片さえ維持することができなくなるかという生き証人です。
その意味でこんど与党内で合意した「新しい安全保障法制」などはなんでや?と頭をかしげます。
国会も地方も若い政治家が増えました。
そのことは大いに結構なことですが勢いだけで賛成ではなく、長いものには巻かれろでもなく国民が心の底で何を思っているのかをかき集めて実現していく胆力も併せ持ってもらいたいと思っています。
これ以上書くとまた委員会にかけられるのでやめておきましょう。







カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter