ゆうすけブログ
世に棲む日々
さて、私のプロフィールを少しでも知って頂いている方はご理解があると考えますが、現在、私は失業中です。
4月に失職しました。
妻はさっさととある公共機関事務に就職して働きに出ています。

私はこの資本主義社会、貨幣経済に参加ができておらず、わずかに3度のご飯を食べることによって微力ながら「消費行動」で世間の末席に連なり、世の中の動きに対しては「無職透明」の如く生活している日々です。

福沢諭吉翁は「世の中で一番悲しいことは嘘をつくことです」と説き、同時に「世の中で一番辛いことは仕事がないことです」と諭しておられます。
私がここ1ヵ月あまりプラプラしているのを見て、知人が「いいねェ、のんびりできて」と言うのですが、とんでもございません。
人は夜になって寝床に入り休む時、ほっとするのでしょう。
ただし、これは翌朝になって自分が爽やかな目覚めを約束されていることが前提となります。
もし、起きない、起きられないということが、つまり永遠に眠っていることが予想された場合に心地よく瞼を閉じられるでしょうか。
休みがいい、楽しみというのは休みが終わった後、仕事があるということが決まっている、日常に戻ることができると言う時に休みを満喫できるのです。
「毎日が日曜日」ということはメリハリ無く、退屈であり、そもそも日曜日の価値すら存在しません。
人は日常と非日常があって初めて躍動することができるのです。

妻が夕方になって家に戻ってきて私はちょうど庭先に干してあった洗濯物を取り入れていました。
妻は少年漫画「金色のガッシュ」に出てきたサーカス団の親方のようにムチをバッしと打ち付け「早く仕事を探すんだ!芸を覚えろ」とのたまいます。
私はさらわれた少年キャンチョメのように「こわいよぉ・・」と震える毎日です。



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter