ゆうすけブログ
暑いけど監視されている
いやぁ本当に暑いですね、熱中症対策はきっちり取りましょう。

また本の話になりますが20年程前に読んでそのままブックオフで売ってしまったので題名も著者も忘れてしまいましたが、超管理社会・相互監視社会がもうやってくるという内容でした。
その時はそんな3文SF小説みたいなこと・・と思っていたのですがやはりそうなっています。

何か起こった時に現場の映像や音声が出るようになりました。
なにも銀行のATMだけではありません。
全国的に録画・録音のシステムは徐々にその精度を上げつつあります。

歩行者天国に暴走していく車と狂気の犯人、夜間の国道で酒酔い運転をして信号無視する車、店舗で刃物を振り回して逃げる男・・みんな写っています。
セキュリティーの為に、安全対策の為に、防犯の為に必要だからネットが伸びているのでしょうが、一方ではプライバシーや人権、個人の自由を侵害しているという議論もあります。
自由と管理の問題はする側とされる側にとって延々と議論されてきました。

映画俳優のチャップリンはその作品『殺人狂時代』の中で「戦争だったら多くの人間を殺したら英雄、平和な時は殺人者」と言っています。
録画・録音もしかるべき機関が行えば防犯管理システムとして合法、田代まさしが駅で女子高生のスカートの中を撮ったら猥褻行為で逮捕となります。
Hな本も教育委員が集まって見れば検閲、個人で買って帰れば奥さんや娘に秘匿するとなります。
誰がやれば正しくてどこまでやったらいいのかという線引きは実はありません。
ちょっと怖いことです。

私も善悪の彼岸について考えていましたが私なりの価値観は「善が99あっても1の悪でだいなしになる」という結論に達しています。
例えれば99人の善良な人たちがキャンプで子どもたちにカレーを作っても1人の悪人がそこに毒を入れれば大変なことになるという考え方です。
自由と平和を獲得していく代償はあるのではないかと最近は考えます。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter