ゆうすけブログ
暑いうえに台風接近
用事があって午前中は市内へ。
ある人と話しをしていたらまたこの春の選挙の話題にぶり返し。
ですが「あんたは落選した議員だが落選中の議員でもあるんだ、がんばれ」という一言は妙に胸にすっと入りました。

午後からは北陸へ行きました。
用件が夕方で終わるので映画でも見ようと前日から考えていましたが正直なところ何を見たいというわけではなくただ映画館に入ってゆっくりしたかっただけなのかもしれません。
そんなところにあるfb友人の方から『バケモノの子』はいいと勧められ映画館に入りました。

平日の夕方の映画館はやはり空いているのですがそれでもガラガラではなかったです。
細田守監督はお名前は聞いていましたが「時をかける少女」は観ておらず、「サマーウォーズ」はテレビで放送した時に寝転がってみていたので全部を憶えておらず、「おおかみこどもの雨と雪」はこれまた観ていなかったのですからこれが初めてでした。
結論から言わせてもらえれば「良かった!」です。
大人の鑑賞に堪えるのか、私が大人ではないのかですが日本のアニメはやはりすごい!
これに対抗できるのはアメリカぐらいのもので大戦中に空母機動部隊を保持していたのは日米のみ!と安倍総理みたいなことをぶちかましていますが、ジブリだけではないということは今日、認識いたしました。

「バケモノの子」を観て考えてしまったのは・・・・。(私の癖です)
①人は誰でもバケモノでさえ恐れる「心の闇」を持っている。(だから熊徹は心に剣をと九太に言った)
②人を教えるということは師であるものも弟子から学ぶことになる
③家族の姿はどうあるべきか、いやどうなっていくのか(生みの親か育ての親か)

あまりしゃべるとネタばらしになってしまいますので掘り下げませんが細田監督の前作をすべて観てみたいと思いながら映画館を後にいたしました。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter