ゆうすけブログ
馬鹿バカしくも大人げない
あ~ぁという気分です。
私は10年前からブログを書き始めた頃より自分に一つの戒めを持っておりました。
「個人の非難中傷・悪口は書くまい」です。
但しそれはあくまで個人であって(公人)は別です。

国会議員は立派な公人です。
ですから彼が議員になる前から彼の言動に不信感を持っていた私はこのブログでも実名を出して批判しました。
彼とは今や時の人(武藤貴也衆議院議員)のことです。

前述の(あ~ぁ)はもう彼のことには触れたくない、なぜならこちらまで精神的に落ち込むからでした。
しかし、タイムリーに武藤商議員(失礼、打ち損じましたが意味が通るのでこのままいきます)は次から次へと全国的に物議を醸し出してくれて滋賀県のイメージを貶めてくれるのでしかたがなく触れていたのです。

本日発売の週間文春8月27日号のスクープ記事を読んで絶句。
『自民党・武藤議員の黒い集金術(未公開株)で4100万』
本当なら文春にも書かれてありましたがあのリクルート事件を彷彿させますし、日本の証券市場を一瞬でマヒさせる恐ろしい行為です。
インサイダー取引でもあります。
「未公開株の国会議員特権購入枠?」本当にあるんでしょうか。
実際にお金集めで4100万円、武藤氏は動機について学生時代からのA氏に1億円を貸し付けて返済がなかったと弁明しています。
貸し付けは資産等報告書への記載がないので資産公開法に抵触していると週刊誌は指摘しています。

もともと私が武藤氏に対して疑惑の目を向けたのはまだ国政選挙が行われておらず彼が自民党滋賀県第4選挙区支部長に確定したものの身分は「次の証議員いや衆議院選挙に自民党の公認候補として出馬する権利がある」というだけの無職の頃にふらふらとみんなの党に秋波を送ったり、維新の会の橋下代表に会いに行ったりで右に左にどう転ぶかわからない態度に立腹していたのが発端です。
会議には必ず遅刻であり、公人候補というよりも社会人としての最低限のマナーすら守れないのにどうして選挙区の皆さまのご選択に堪えられると叱ったこともありました。
それが時間にルーズなだけではなく金銭にもルーズだったとは・・。

彼の変わり身の早さにも疑惑でした。
嘉田知事代表の対話の会の政策スタッフの時には「脱ダム」、自民党に入ったらあっさりそれを捨てて「推進」、「平和主義」を信条にしていたのかと思えば「核武装推進」・・ワケがわからない人でした。
私はその時から彼のことを本当は思想信条がなくその時の立ち振る舞いでいかようにも変わり、党人としての立ち位置など実はどうでもいいと考えている(無党貴也)と思っていました。
いったい何がしたくて国会議員になったのでしょう、この方は。


そう義憤にかられていると週刊誌が発売された本日、早くも「自民党離党」のニュースを観て絶句でした。
党籍がなくなったから責任がとれたと考えているのかどうか、そう考えているのなら大甘ちゃんです。
武藤ならぬ無党になったのですから本当の責任の取り方を自分自身に問いかけてもらいたいものです。
自民党執行部の皆さんにお願いです。
本当は「離党届」を受理する前に党内で公聴会なり党紀委員会なり調査委員会を設置して速やかに事実関係を世間に明らかにするべきでしょう。
彼はもう自民党の人間ではないから関係ありませんでの幕引きなどは公党として誠に情けないですよ。
このブログの表題「馬鹿バカしくも大人げない」のは彼ごときに怒っている私です。





カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter