ゆうすけブログ
新福菜館へようこそ
今日の正午にはJR大津京駅にいました。
用事で大津に出たついでに寄ったと言いたいのですが私の目当ては駅前にある「新福菜館」。
ラーメンマニアの間ではもう常識になっている京都の名店がありがたくも滋賀県に来てくれてます。
京都の本店には何度も通いましたが滋賀で味わえるとは嬉しい限りであります。

もともと京都のラーメン界は全国でも屈指の激戦区であり「京都を制する者はラーメンを制す」と勝手に私が思っているだけですがそれでもその実力者たちはキラ星のごとくあまたあり、「天天有」、「天下一品」、「ますたに」、「第一旭」など今や全国区のメジャーだけではなくまだまだ知られざる凄腕の店がひしめいているラーメン界の聖地・京都。
その聖地から滋賀県に降臨した「新福菜館」様に久々に敬意を表しに参った次第であります。

オーソドックスに(並)700円を注文。
菜館自慢の黒めの醤油スープが香ばしい湯気を立てて目の前に置かれるともういてもたってもいられない気分になって箸をつけるわけですが、意外と伝わっていないのは麺の出来の良さです。
中太ストレート麺はラーメンが麺料理であることを再認識させてくれる絶品であり、口に含むとワシワシと、舌で転がすとシコシコと、歯でかんでみるとプッツンと、客のあらゆる技にいちいち応えてくれる素晴らしい麺なのです。
お勧めは200円プラスして「肉入り」で。
そこらのチャーシューメンなんか児戯に等しいと思える程のコクと旨味のハーモニーが味わえます。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter