ゆうすけブログ
観る世界の変化
早いもので師走に入って今日で3日目です。
これをあと9セットほど繰り返せば平成27年も終わりかと無機質的に考えていました。
私の場合は環境激変ということもあって今年の場合は今までとは全く違った心象風景が展開していきました。
自然や季節に対する見方や感じ方もこれまでと違ったものに映りましたし、人に対する観方も複眼的になったような気がいたします。
モノの感じ方が複雑になるのはある意味で人生に味が出てくるのですが別の意味では哀しいものです。

池波正太郎や藤沢周平の小説などを読んでいると剣豪は相手と太刀をかわした瞬間にその実力を知るようです。
「や!おぬしできる」とか言って。
私は剣道の素養はありませんが少し柔道を齧っていたので武道家の感覚はわかるような気がします。
やはり道着の上から相手と組むと相手の強さが(わかる)んです。
(これは負けるかもしれない)と。
実際にその感はあたりです。

私たちは社会で生活していて知らず知らずのうちにこのような果し合いを行っています。
何も剣を振り回しているわけではないのですが(言葉)を振り回しています。
(果し合い)の代わりに(会話)をしています。
他人の頭の中味はわからないといいます。
その通りで自分の頭の中味でもわかりません。
(何を考えているのだろうか)という言動を他人はあっさりととりそれに目を白黒させるのが世の常です。
(言葉)を交えると相手の実力がわかります。
世の人々は無意識、意識的にせよ言葉で判断をしています。
言葉づかいは恐いものだと思います。


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter