ゆうすけブログ
中国人は観光客なのか
今朝、高視聴率を叩きだして鼻息の荒いNHK朝ドラ「あさが来た」を観た後、チャンネルそのままNHKにしていたらニュースで博多港に大型豪華客船が次々と入港して中国人観光客が怒涛の如く降りてきて港の近くのスーパーやドラッグストアに入り、食品や医薬品を怒涛の如く買う、「爆買い」の光景を映していました。
レポーターがレシートを見せてもらって「驚きです!ドラッグストアで12万円も買い物をするんですね」と報道していました。
そのまま中国人男性にインタビューしているとその男性は「まだまだ買いますよ、今月は後半にまた来ます」と答えていました。
観光のリピーターかなと思った人もいたかもしれませんが違いますよね、れっきとしたビジネス目的の仲買さんのツアーです。

日本が2013年の観光客目標に掲げたのは1000万人でした。
それが円安効果や海外のテロを警戒してか昨年、2014年は1300万人の海外からの観光客を呼び込むことに成功しました。
一見、バンザイです。
ちなみに2014年の各国の観光客数上位は・・・。
1位 フランス 8500万人
2位 アメリカ 7000万人
3位 スペイン 6000万人 となっており日本はずっと下の方で韓国が1400万人ですからまだ負けています。
クールジャパンとか世界でかなり日本のイメージが良くなってきていると言われてたのですがまだまだ観光地としては伸びシロがあります。

またまたちなみに日本に来ている観光客の国別内訳が・・・・。
2014年(1月~11月)で・・・。
台湾 260万人
韓国 240万人
中国 220万人
香港 80万人
アメリカ 80万人
タイ  50万人です。

アメリカ以外はほとんどアジアからのようです。
その中でこの中国人観光客による「爆買いツアー」ですが、常識的に考えて「お土産」を邦貨で1人100万円も買いますかね。
親戚に配ると言っても月に2度も来日しますか?
考えられません。
考えられるのは中国国内で日本商品が捌けるからです。
滋賀県からも平和堂などの小売りが出店していますが中国は物流や流通が非常に未成熟です。
(物流と流通は経済用語で全く違う役割を持っています)
ですから個人で日本に渡航して大量に日本商品を(仕入れる)ビジネスが成り立っています。

さっきのNHK報道によると福岡市はクルーズ課なるものを立ち上げたそうです。
インタビューでは中国からの客船一隻で1億9000万円の経済効果が発生するとのことでした。
中国の富裕層がいかに自国の製品に信を置いていないかがわかりますが日本もこの中国の観光客?だけはもっと違う分析で見てみないと思わぬところから水が漏れそうな気がします。
売れたら何でもいいと言うのならそれはそれで考え方ですが・・・。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter