ゆうすけブログ
歩く・歩く
今年の冬は異例の暖冬模様で寒冷地である故郷・高島の平野には雪の姿はありません。
ですがやはり節分の前は冷え込みます。
そんな中、何もしていないのに、いやしていないからこそメタボに陥った私はウォーキングを始めて3日目。
立たされ坊主だったけど3日坊主にはならないでおこうと心に期しています。

商店街を横切った時に書店のおやじさんが、「お!めずらしいな、また選挙か」と声をかけてくれましたが、どういう認識をされているのだろう、私は渡り鳥で飛んできたら冬!みたいなメガネで見られているのかと思いました。
確かに昨年の今頃は選挙で歩いていました。
毎日、6時間は外をうろうろしていたので痩せていましたとも。

その政治ですが政治家の不祥事が出るたびに世間は「政治不信に陥る」と批判の矢が飛びます。
渡り鳥はその矢にグッサと刺さったりして墜落するのもおります。
選挙活動中に「みなさんの為にお役に立つよう頑張りますからよろしくお願いします!」と声を枯らして駆け寄っても「ふん!そんなこと言ってもしょせんは自分のためなんやろ」と言われたことが何回かありました。
運動中ですからスルーしますが内心では(心無い言葉で悲しいな)と思っていました。

確かに自分の為に選挙に出ているのだというマインドの方もいるにはいることは認めます。
ですが(世の中を良くしていきたい)、(人の笑顔を見ることが至上の喜び)という人間も立候補していることは信じてもらいたのです。
「うわ~ん、世の中を・・世の中を良くしようと思って・・うおー、努力して・・ようやく政治家になったんですぅ!政治の大きな枠組みの中では・・中ではですね、政務活動費なんて、うわ~ん、ほんの少しのものなんです!」
ご存じ、兵庫県の某元県会議員の号泣記者会見ですが彼は何を訴えたくて会見を開いたのでしょうか。
あれから2年・・頭を丸めて裁判に(拘束令まで出されて)臨み、いきなり政務活動費の不正使用を否認。
どうなっているんだ?
活動費の全額を返却して議員辞職していたのはなぜなんだ?認めたのではなかったのか。
謎は深まるばかりです。

脱線いたしましたが政治家は玉石混交、魑魅魍魎ではあります。
そのなかで使える政治家を見つけ、選び、育てるのは社会の仕事ではないでしょうか。
面倒かもしれませんがわずかでも民主主義を前進させていくのはそのような地道な作業しかありません。


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter