ゆうすけブログ
今さらながらアベノミクス
バレンタインデーなるものは考えれば考えるほどお菓子メーカーの陰謀であり要はチョコレートを売らんが為に仕掛けられたプロパガンダに過ぎないと思っています。
この不景気に世の女性に余分な出費を強いて、男性に過剰な期待を促す、これ如何に。
一か月後のホワイトデーはスルーするので(させられるので)私は関係ないのですが。
負け犬の遠吠えコーナーでした。

私の同級生で自治体職員だったM君が思い切って早期退職したのが2年前。
まだ50になるかならないかという時だったので「大丈夫?」と訊いてみると子どもさんの育児と親御さんの介護が重なってのことでした。
その後、彼は務めには出ずに家中心の生活を送っているようですが収入を得る手立てとして「株」はやっているそうです。
「そこそこイケるよ、石田はなんでやらんの?」と言われたこともありましたがあいにく私は金融工学はチンプンカンプンどころか株のチャートも読めない投資の門外漢なので手を出していませんでした。

時代はアベノミクス、巷には「株をやる、今でしょ!」と東進ハイスクールの林先生みたいな雰囲気になっていました。
それが年明けから日経平均もだだ下がりでとうとう1万4千円台に下げたというときに件のM君は大津市で行われた大手N証券のセミナーに行ってきたと話してくれました。
「石田君、大丈夫そうや、N証券では今年度末の予想2万3千円と130円の考えは変わらんと言ってたで、これで売らんでもいいわ」とM君は言いました。
本当やろか?今、1万5千円をうろうろしているのに今年中にそんなプチバブルが起るんやろかとしゃべると「日銀のマイナス金利政策はやはりすごいそうや、本気度が違う、今は副作用が出ているけどこれから効いてくる」と自信たっぷりでした。

街では「株の売買なんか私ら庶民には関係ない」と突き放したコメントも耳にはしますが年金運用とも連動していて企業の設備投資意欲、含み財産の増減、ボーナス支給の原資的意味合いなどありとあらゆる角度でリンクしているのが事実ですから株保有の有無とは別に私たち生活者には関係はあるのです。
お金に関係なく生きているという人はほとんどいないでしょうから。

ただアベノミクス、これは特殊な経済理論ではなくたまたま日本という国の政権を担っている安倍政権の経済指針(政策ではなく)と理解しておいた方がいいと思いますが鳴り物入りで謳われた「3本の矢」で第1の「大胆な金融政策」、これはこれでもかと打ち出していますが第2の矢「機動的な財政政策」については不発、第3の矢である「民間投資を喚起する成長戦略」については打ってもいない状態です。
「農業の6次産業化」とかもっとバカバカしいのは「カジノ構想」とか日本をヤクザ国家にするつもりかと見識を疑いたくなるありさまでここは非常にパンチが弱いです。
どうも金融政策ばかりに頼っている印象で車の運転で例えるとハンドル操作(金融)でかわそうとしているようですがブレーキである(財政政策)とアクセルの(成長戦略)をもっと使わないと長野県スキーバスツアーのように事故が起こり、日本発世界同時不況を引き起こす可能性も残っていますよという段階でしょう。




カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter