ゆうすけブログ
降る雪や
午後からは父の友人の告別式に行きました。
家に戻り各種申告書を書いていると生年月日の欄が(昭和・平成)とあり、どちらかに〇をつけるのでしょうが少し違和感を覚えたのです。
少し前によく書いていた公式文書の書式などはM・T・Sでした。
言うまでもなくそれぞれが明治・大正・昭和でしたがそういえば最近は免許証もM・Tはありません。
代りにH、これは平成です。
平成8年に生まれた長女が今年20歳になり、運転免許をとるなどと言っているので社会はもうどんどん平成生まれの方が参画しだしているのだと改めて感じました。
そうなると私が小さい頃周りにいて活躍していた明治や大正生まれの方は中島みゆきの歌「地上の星」ではないのですが♪みんな、どこへ行ったぁーと口ずさみたくなる気分です。

『降る雪や 明治は 遠くなりにけり』
この句は愛媛県出身の俳人、中村草田男の作ですが昭和に年号が変わった年、母校の青南小学校を訪れた草田男がしんしんと校庭に降り積もる雪をながめて詠ったといわれています。
やがて春になりとける雪のように明治という時代も永久に過ぎていくという感慨があったようです。

西暦で見てみると・・。
明治元年ー明治45年(1868年ー1912年)
大正元年ー大正15年(1912年ー1926年)
昭和元年ー昭和64年(1926年ー1989年)
平成元年        (1989年ー現在   )
今年が2016年ですから明治でも最後の年(明治45年)にお生まれになった方でも104歳。
確かに明治や大正は遠くなりました。
今はまだ昭和生まれが社会の第一線でがんばっていますがいづれは遠くなる日も来ることは避けられないのでしょう。
私の同級生が先日出張で東京に出て六本木で飲んだは勝手ですが、おやじギャグを連発してキャパ嬢から「うわー古い、昭和テイストじゃん!」とか言われて、いたぶられたと話さなくていいことをしやべってくれました。
君はMです、もちろん明治という意味ではなく・・。
私はSでありたい、もちろん昭和ということではなく・・。
(H)品格が足りずにどうもすみません。


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter