ゆうすけブログ
滋賀では霞んでいる参院選挙
5月に入りまさに五月晴れで洗濯物がよく乾きそうです。
ですが明日からは(滋賀県は)またお天気が下り坂になってくるということなのでお出かけは今日がいいのかもしれません。
さて、連休気分が始って人々の気持ちが浮き立つ頃に選挙(参議院)のことを書いてもさして気にもとめてもらえないことは(特に滋賀県では)百も千も承知ですが私も天邪鬼なので触れてみたいと思います。

自民党員の立場からみてこの夏の参院選挙はもうすでにヤバイ状態です。(あくまで滋賀県ではという意味です)
3月、4月と何をしていたのか理解に苦しみます。
「北斗の拳」なら秘孔をあちこち突かれ、「おまえはもう死んでいる」と言われているようなもの。
警鐘を鳴らしても選対も知らん顔(そもそも選対が存在しない)なのは常日頃のとおりでよく事情を知っているつもりですがいつものことながら呆れています。
大型選挙は他人ごととみんなが思っているのが滋賀の悪い選挙風土です。
近隣の東海、関西、北陸はもっと動いています。
おそらく連休明けでゆっくり起き出して5月終わりまでだらだら過ごし、党大会などでおもむろに気勢を上げ(たふりをして)、賢島サミットが終わってマスコミなどが「いよいよ参院選}などと報道しだしてからいつもどおりのお決まりメニューでお茶を濁して結果、敗北、誰も責任を取らない、取れない、取る気もないで終わるのでしょうね。
あてずっぽで言っていると感じられるかもしれませんが、明かせなくて申し訳ないのですがそれなりのニュースソースと分析で(予測)しています。

衆参W選挙の可能性も捨てきれません。
中曽根内閣時の「死んだふり解散」の再現もありえる状況です。
安倍内閣が震災対応の補正予算を成立させて日程調整に入り出せば伝家の宝刀(解散権)は抜かれるでしょう。
その場合、滋賀県だけは他の府県と違って苦戦します。
おそらく小選挙区の最低1つ、たぶん2つを落とすことになりそうです。
(比例復活までは読めていませんし、滋賀4区のことも含めての2つです)







カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter