ゆうすけブログ
プリカの罠
世の中には様々なプリカ(プリペイドカード)が蔓延しています。
私は多少お得感があってもお財布の中がカードだらけになるので極力、プリカは買わない主義です。
そんな私に商業の神様からの罰が下ったのか、小さな私の小さなつまづきを書いてみたいと思います。

モノは洗車プリカでした。
昨年の晩秋(確か11月の後半)に行きつけのガソリンスタンドで給油中に若くてハキハキした女性社員(つまりは従業員さん)がスタンドの制服姿で私に近寄ってきました。
「こんにちは!」
(な・何だ!)とうろたえる私。
「実は今、洗車プリカの販売キャンペーンをやっていまして期間中なら大変お得に購入されることができるのですが、ひとついかがですか?」
「お得って・・どれぐらいで」
「はい、通常5000円分が3000円で3000円分なら2000円で販売しております」
「じゃ、5000円プリカください」
「ありがとうございました!」

というわけでプリカを買った私は洗車もそのスタンドの洗車機で行うこととしました。
実際、田舎の冬は案外と車が汚れるんです。
雨風が強くなり、道路はいつも泥はねしたり、雪が降ると融雪からは塩カル入りの水がふりかかり洗車をまめにしないと車のボデーにサビがきたりしてしまいます。
車で大阪の御堂筋などを運転するとなにわナンバーの車は冬でもピカピカですが滋賀ナンバーはドロドロで一目でわかります。

洗車機には値段に応じてメニューがありました。(あります)
おすすめとしてボタンの下に書いてあるのは「超撥水¥700」(いやいや、もったいない)
「光沢ポリマー洗車¥1200」(とてもとても、おそれ多い)
なので私が選択するのはいつも「水洗い¥200」とか少し汚れても「シャンプー¥300」でした。
「ワックス¥500」も使いませんでした。
追加オプションの「泡ジェット¥200」とか「下部洗浄¥200」も興味はありましたが(節約・・節約・・)とひたむきに倹約街道を走っていました。
なので数か月が経ってもプリカの残金は2500円ぐらいは残っていましたから私はカードを眺めて(うしし・・)と一人悦にいっていたのです。

連休も明けて5月晴れの爽やかな朝、つまりは今日。
かなり車体が汚れたので洗車しようとスタンドに行きカードを機械にいれると(ピー)と鳴って戻ってくるのです。
おかしいな?とインターホンで「すいません、カードが入らないんですけど・・」と窮状を訴えるとスタンドのお兄ちゃんが来てくれました。
「これは期限切れですね」
「へ?」
「初めてのご利用から6か月以内に使っていただかないと期限切れになっちゃうんですよ」
「そ・それじゃ、このプリカは?」
「もう無効です」(きっぱり)
「もう無効!」

落ち込んで自宅に帰ってきました。
5000円のプリカを3000円で買って、2500円分残してパーにして・・損失はいくらだ?そればかりを考えていました。
こんなことなら一回でいいから「光沢ポリマー¥1200」を発動すべきだったのか!馬鹿・馬鹿・俺。
それにしても50を超えて5000円のプリカでここまで狼狽えるなんて小さい自分が嫌になる・・。
(ご利用は計画的に)







カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter