ゆうすけブログ
猫に飼われる
動物をペットとして飼うということはどう定義されるのだろうと辛気臭いことを考えています。
単純に「癒し」を求めているのか、それとも自己の「所有欲」「独占欲」を満たすためのものなのか葛藤は続きます。

我が家には猫が4匹います。
このお正月までには5匹でしたが家で3年前に産まれたメス猫が外へ脱走してそのまま帰ってこなくなりました。
今頃どうしているのだろうか、今年は暖冬だったとは言え外での生活は堪えていないだろうかと心配しながら春を迎え、早や初夏となりました。

昨夜のことです。
いつも通り、風呂上がりにビール缶片手にテレビでニュースを観ていたら隣の寝室で「ガサゴソ」と物音がします。
気になって覗くと、三毛の母猫と白黒ぶちの息子猫が二匹で畳の上をじゃれあっていました。
眠くなってきたので布団の中に入ったのですが息子猫が「二ャ二ャ」と私の体に乗ってくるので「もう寝るんだから」と下そうと抱えたら口に咥えられた細長いものがもぞもぞと動いていおるではありませんか。
もう目の前、20センチほどの距離でしたがオレンジの頭、黒い胴体、そう大ムカデでした。

「きゃあぁぁー」とあられもない声を発してしまった私ですが慌ててテッシュを数枚取ってバタバタと水洗トイレに駆け込み、(ジャー)と流しました。
もしムカデに咬まれていたらすごく腫れ上がって1週間はずきずきとうずきが止まらないことでしょう。(経験者)
猫よありがとう、でもこれ見よがしに持ってこないでね。
リスクがあるから。
これで疑問も氷解しました。
私が猫を飼っているのではなく、猫に飼われているのだということです。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter