ゆうすけブログ
退役軍人のぼやき
6月に入っていよいよ夏到来かと思っていたら案外と夜などは涼しく、それだけに心配していたわけですが今朝は嬉しいニュースが飛び込んできました。
北海道・七飯町山中で行方不明になっていた男子児童が無事、発見・保護されたとのことです。
ご家族のご心配はいかばかりだったと心中お察しするとともに捜索に当たられたすべての皆様に感謝です。
これを機に親子の絆がより深まりますことだけを念じています。

さて、私もブログでアベノミクス批判をしていましたが7月10日までは封印しなければいけない頃となりました。
もちろんかの日は参院選挙投票日にあたりますから是非、与党が勝利していただきたという思いから身内の足の引っ張りあいは避けたいものです。
私のような「退役軍人」にもここ数日、いろんなところから電話が入ってその対応もしなければなりません。
選挙で捨てられた人にはその後、人格が変わったように世間から隠遁してしまうか、今までの主義・主張はなんだったのかと呆れるほど別のイデオロギーに走る方も散見されるものの私は静かに保守政治を守っていきたいと思ってます。

封印すると言ってまだ書いていますが私はアベノミクスに懐疑的です。
ですがそれはあくまで与党の立場からであって旧民主党政権時代に経済政策がまったくなかったことよりはずいぶんと前進しているとは思っています。
ましてや共産主義経済など論外だと思っています。
民進党の前原誠司議員なども「共産党はシロアリみたいなもの」と批判していたのに北海道でも先月の衆院補選では札幌で共産党の小池晃書記局長と並んで街頭演説など「野党共闘」が呆れるばかりです。
言ってることとやってることが一致しないから国会では「いうだけ番長」とネーミングされるのではないでしょうか。
民進党には「健全な社会主義」として自民党が言えないことを言っては欲しいものの組む相手が筋悪すぎです。
その意味から「富の偏在の固定化」を推進するアベノミクスも消費税を上げるなら上げて「社会実験」で失敗して次の政権(あくまで保守)に期待したいのが本音です。
消費税で日本は蘇りません。
できれば5%、3%と段階的に下げて撤廃すればいいと思っています。
税制規律のことを言う方もいますが代わりに法人税や所得税を上げて社会の「富の均衡」をはかるべきでしょう。
「パナマ文書」などは無視です。
私が理想とするのは昭和テイストかと思われるかもしれませんが「一億総中流社会」です。
「格差社会」ではありません。

この頃はこのブログの内容も尖がってきているので自宅に「赤旗新聞取ってください」とか「共産党時節講演会を聞きに来てください」とお誘いがありますが尖がった人がすべて社会に批判的かというとまったくそうではありません。
地道に積み上げ、だめなら補修する保守の方も大勢いらしゃるわけです。



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter