ゆうすけブログ
デフレ脱却でいいのだろうか
土曜日、そこそこいい天気でこれから地元の介護施設の「祭り」にスタッフとしてボランティアで出かけます。

昨日はアベノミクスをしばらく批判しないと書いたものの気になったとこだけを。
政府は「消費税増税先送りでも社会保障費の財源を確保してまずデフレからの脱却を優先する」と声明しています。
前段の社会保障費云々は良いとしても、デフレからの脱却は本当にいいのだろうかと思ってしまいます。

デフレ,つまりものの値段が下がること。
それって庶民にとって良いことではないのでしょうか。
事実、デフレの雄と言われていたユニクロなり吉野家でもマクドナルドでも価格を引き上げたとたん業績が急激に落ち込みました。
それは市場が敏感に反応していることだと思うのです。

実際は昨年の秋からの原油価格の歴史的な急落で助かった人は多かったはずです。
あれで大変だと騒いでいたのは石油メジャーかアラブの王族ぐらいのものでした。
これからは原油価格も上昇局面になってきていますから経済に与える影響は大なるものがあります。

デフレから脱却するということはインフレに誘導するということですが国民の実質賃金のアップ率がそれをすくなくとも追いつかないと「悪いインフレ」を起こす可能性が大です。
アベノミクスで訴えねばならないことは脱デフレではなく所得の向上でしょう。
それなら国民理解は得られると思うのです。
かって池田勇人首相が「所得倍増計画」をぶち上げたように力強い政策を国民は期待しています。




カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter