ゆうすけブログ
敵の敵は味方?
政治ネタをブログでアップして何がさみしいかと言えば「人が寄ってこない」に尽きます。
趣味の園芸とか山歩きなどは同好の士が結構なコメントをして頂き盛り上がるのですが政治関係は冷ややかですね。
何かうさん臭い発言をしているととらわれるのだと思いますが・・。
政治の世界のサガなのでしょうか。(諦め)

それでも書いていきます。(直球で)
もうすぐ参議院選挙が始まりますが各陣営やっと動き出しました。
今回は与党が安定議席を死守するか、野党連合が一矢報いるかという構図ですが、面白いというと不謹慎ですが実際はそうなので仕方がないです。

滋賀県選挙区でも他の1人区と同様に野党候補1本にまとまっています。(K福実現党はのぞく)
ただ、何度か指摘したように今回の野党連合の主要メンバーにしっかり共産党が入っているというか目立っているのが特徴です。
「敵の敵は味方」という公式があります。
(AにとってBが敵ならBの敵のCはAの味方)というあれです。
A=C・VS・Bです。
今回は民進党の敵・自民党のもっと敵の共産党は民進党の仲間ということになります。

確かにそうなのですが民進=共産という方程式が今回滋賀県で機能するかは疑問符がつきます。
お隣の京都では長年にわたり自民・民主(現民進)・共産が三国志そこのけのバトルを繰り返してきてしこり(むしろ遺恨)は残り続けています。
ここで民進党選対幹部の方に助言申し上げますが本当にこれでいいのでしょうか。
湖国では現在、自民の基礎票は15万、公明は3万と言われています。
民進の基礎になる連合票はすでに10万を切っておりだいたい6万からよくて7万と観ています。
自公の合わせて18万から19万に対して対抗上、共産基礎の7万をプラスしたいところでしょう。
あえて言いますと参議院選挙で過去2回連続の民主党候補者の勝利は基礎票にあらず、無党派層と浮動票をうまく取り込んだ当選でした。
でなければ25万票などには届かないわけです。
何が言いたいのかと言えば大票田の無党派層が共産党アレルギーによって寄ってこない可能性を検討しておかなければならないのです。
単純なプラスではないのです。(むしろマイ)

昨年11月の大阪府知事・市長W選挙は自民党にとって痛恨の結果でした。
よりにもよって自民党があの共産と共闘?マジか?の世界でした。
大阪府連は気が狂ったのかと思いました。
そこまで維新が憎いのか?共産より・・・。
共産党は自主的支援と称して機関紙赤旗に自民候補二人の顔写真を載せ、まるで組織内候補のような取り上げ方でした。
まずい流れです。
夜の遊説会場では「アベ政治をゆるさない」とジャンパーにステッカーを貼った共産支持者が自民党候補を応援するという見ていて頭が痛くなる、何か悪いジョークのような光景でした。
案の定、選挙は大敗しました。
大義のない選挙であると大阪府民と市民は判断されたと思います。
私が滋賀の民進党さんに言いたいのはそれだけです。








カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter