ゆうすけブログ
アベノミクスは争点なのか
九州では激しい雨が降っているようですが北近畿では梅雨の谷間で朝からは曇り空です。
参議院選挙さなかということで1年ぶりに駅立ちをしました。
党旗を持って政策配布物を駅の乗降客に渡していきます。
今朝着ていったものは地元・高島晒のクレープシャツです。
この湿気の多い時期はさらりとした着心地で誰にでもおすすめできます。
左腕の部分には「がんばろう ふくしま!」と刺繍されていました。
これを着て東北にボランティアに行っていたのがもう3年前です。

今回の選挙では野党サイドではアベノミクス批判で凝り固まっているようです。
確かにアベノミクスについては経済成長への骨子がイマイチわからないというか、大企業、資産家から見たらわかりやすいと言えばそうなのですが中小企業や低所得層からはその効果が見えづらい点をこの2年間は批判してきました。
特に私が最も忌み嫌う、権力や権威が言うことには自分で考えることをせず盲目的に従い、あろうことか他を攻撃するという人が自民党の議員のなかにも散見され、政府の経済政策の中身について全く吟味も無しに「安部さんが言っているからアベノミクスは正しい」との発言を個人演説会で聞くとうんざりします。

しかし、今は選挙中ですから心を一つにしてまずは政権の維持に努めるのが支持者の役割ですのでアベノミクスについてとやかくは選挙後に注文をつけたいと思います。
そこまでしても野党があいかわらず酷過ぎでこの方々には間違っても自分たちが乗っているバスのハンドルは握らせたくないと思います。
左に切って谷底に落下するのはごめんです。
安部さんの場合は右にふれてセンターラインを越しての対向車(諸外国)との正面衝突は懸念はします。

野党は特に民進党は経済政策を批判する資格はありません。
自分たちの政権運営時に何一つ経済がわかっていないことが暴露された上に手も打つ気がなかったのがはっきりしています。
能力と意思の欠如です。
さすがに国民も懲りたのか、「政治なんて誰がやっても同じ」などと言う人は減りました。
アベノミクス云々以前の問題でまず党の綱領からをつくった上で政策論争してもらいたものです。
何をしたいのかわからない人を相手に議論ができないからです。

野党の雄・共産党もソフト路線なのかは知りませんがアベノミクス批判をするならはっきり「共産主義ならうまくいきます!」と訴えるべきでしょう。
誰もそうなりたいとは思っていませんが。
みんなで等しく貧乏を分かち合うのはこれもごめんです。
もっと今回の選挙でも本音でぶつかってもらいたいです。
共産党の政策委員長が「防衛費は人殺し予算」と本心で言っていることを党をあげて支持すればいいと思っています。
更迭などせずに。





カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter