ゆうすけブログ
書くこともありません
台風1号が東シナ海で空中分解してその余波でカメハメ波となって雨雲を押し出したのが昨夜あたりから近畿に流れ込み大雨を降らせています。(稚拙な文章ですね、我ながら)
今日、土曜日は数々のビッグイベント(私にとってです)が終わり、少しホッとできています。
気が抜けたのかブログに書くことも特段なく(今日は更新をやめようかな)と思いながらテレビでニュースを観ていると「18歳からの選挙」について特集がありましたからさらりと思ったことだけを。

もちろん新選挙人さんたちには棄権することなく投票所に足を運んでいただきたいです。
今朝のテレビで映していたのは18歳以上20才未満の方が学校に投票が終わったら「投票済み証明書」をもらい、それを商店街に持っていくと普段は360円のハンバーガーが18才にちなんで180円で購入できるなどその他数々の特典をつけているというものでした。
選挙に行ってもらおうということからこのように考えてくださる皆さんの尊いお気持ちや行動に水を差すのは不本意ですがこれは少しおもねり過ぎだと感じました。
投票は「義務」ではなく「権利」だと思っています。
この(18才以上になったら国民ならだれでも1票)の普通選挙制度に辿り着くまでに先人たちがどれほど苦労したかをかみしめてもらいたいのです。
現在でさえ世界中を見渡してもまだ確立されていない国が多数あります。
頼まれたから行ってやるではなく、自分と大切なもののために(この大切なものというのは個人差があると思います)進んで投票所に行くことがコスモポリタンを育て、健全な民主主義を守ることになるのではないかと思います。
選挙の投票に(動機づけ)は必要ありません。
自分の為に1票を行使してください。

以上の理由から私は「ふるさと納税」もやり過ぎだと思っています。
産地の特産品目当てで「ふるさと」でもないのに納税する、これを全国の自治体があの手こので競い合う。
いつから自治体はデパートの産直売り場になったのでしょうか。
もちろん「控除」もついて、手数料や管理費も税金から支出されていく、これは税を集めるという観点からみて本末転倒です。
喜ぶのは一部の業者のみで税としての大枠から捉えたら不足が発生いたします。
税の場合は「権利」ではなく「義務」なのです。
このように社会学的に考えてみて「差別」は排除しなければなりませんが「区別」というモノサシは持っておかないと政治は前には進みません。



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter