ゆうすけブログ
便利は不便
10月最初の日曜日は何とか晴れたようでアウトドア派の立場に依ればまずは好スタートを切ったようです。
インドア派の私には(晴れの日も良し、雨の日も良し)なのですが。

朝から珈琲カップ片手に何気なく新聞を読み、9月30日に朝ドラの(とと姉ちゃん)涙の最終回と書いてあり、(見逃した!)と悔しがったり、中国の人民元がIMFより特別引き出し権(SDR)を与えられたと知ったりして(これで中国の鼻がまた高くなるな)と憶測したりでいつもの日曜の朝でした。
しかし、夜の大河ドラマは見逃さないでおこうと誓いました。
どうでもいい話なのですが我が家のテレビには番組を選んだら例えば連続ドラマの場合でも毎週勝手に録画してくれる機能がついておりましてこうなるとその時間にお茶の間にいなくても後でまとめて観ることも当然可能なわけです。

そこで思い出しましたが、一昨年(2014年)のNHK大河ドラマは戦国時代きっての参謀といわれた黒田官兵衛を主人公にした「軍師官兵衛」でした。
「この男がいなければ秀吉の天下はなかった」・・かぁ、かっこいい!しびれるフレーズ!
戦国時代フェチの私としてこれは毎週見ねばと当然思います。
配役も官兵衛に売り出し中の岡田准一さん、この方は映画「永遠のゼロ」でも主人公のパイロット役が良かったので期待できるし、私が嫌いな徳川家康は寺尾聡さん、ちょっとつかみどころのない家康を演じてくれるのではと期待し、運命の主人・秀吉には竹中直人さん、私の好きな俳優さんです、織田信長には江口洋介さん、NHK史上最も頭が悪そうな信長を見れそうで期待はふくらみ、父の黒田職隆には柴田恭兵さん、この方は渋い俳優さんで私は大好きです、以前の大河「武田信玄」でも信玄のライバル上杉謙信を演じて超絶した演技を見せていただきました。
いつぞやのガクトより良かったです。

そのように私のマインドはいやがうえにも高まったわけですが間の悪いことに2014年春には統一地方選挙が控えており、とても毎週日曜日にお茶の間でくつろぐということはできませんでした。
選挙に出られた方はご理解いただけると思いますがあれは命を削ります。
もう髪を振り乱し、形相も変わり、体重はぐんぐん減り、骨と皮だけになり(これは言い過ぎ)ともかく必死のパッチでテレビなんか見ている余裕など全くない、こっちが合戦しているのに何が大河ドラマじゃと言えばわかっていただけますか。

(くそー官兵衛あきらめにゃならんか)と思っていたらテレビっ子の次男が「こんな機能がある」と先述の録画撮り機能を教えてくれました。
「これはいい、頼む」と予約録画を頼んだわけです。
時は流れ・・昨年、傷心の私はふと(そうだあの時の録画を観よう)と思い立ち大河ドラマを検索したら(無い!)。
次男に訊いたら「もうとっくに消したで」。
「ええ!」
「だって1年以上保存してたけどまったく観てないから容量がオーバーして邪魔やったし」としれっと言われてがっかり。
諦めですね。

「NHKは人殺し番組ばかり流す」と私の学生時代の友人が批判していましたが(彼もマスコミの人間なのに・・)、冗談じゃないですよ、リアリティですがな。
ミステリィを読むときに(これは人が殺されるからダメ)と思って読む人がいますか?
マッチ箱がなくなったから行方を捜すなんて小説は読む気もいたしません。
人が殺された・・これは大変なことだと感情移入できるから読めるんです。
過去の重大事件でも多くの犠牲が出ている歴史や事実があるからこそ未来に向かってしっかり検証して少しでも愚行をなくしていこうとしているのが編集方針ですがな。(ちょっと興奮して大阪のおっちゃんになってしまいました)
「臭いものにはフタをしろ」で未来はかえられませんで。
現実を直視しなければ正しい推論は得られません。
その意味からもNHKの姿勢は正しい。
私は生涯、視聴料を払い続けます。
く・・日曜日は時間があるから余計なことを口走ってしまいました。





カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter