ゆうすけブログ
ノーベル賞は偏っているのか
台風がいよいよこっち(近畿)に来ます。
明日の今頃は暴風圏内でしょう。

さてまた韓国の告げ口おばさんが世界会議の場で突然、日本を加害者とねつ造する従軍慰安婦問題をスピーチに持ち出して各国から轟々の批判をあびました。
この朴槿恵さんは歴代の大統領の中でも極めつけの政治的無能をさらけだしています。
韓国大統領に通信簿があるなら限りなく0点に近い数字です。
経済発展・外交・国土防衛・教育・産業振興・危機対応(セウォール号事件等)すべてダメです。
「漢江の奇跡」を演出したお父さんの朴正熙氏なら70点をあげられますが彼女は不肖の娘でしょう。

さてさて、ノーベル賞が今年も発表の時期になりました。
日本人としては3年連続で受賞者が出ました。
オートファジー理論を発見した東京工業大学の大隅良典名誉教授です。
どうやらがん抑制に道筋をつけられる発見だそうです。
おめでとうございます。

これでノーベル賞の自然科学部門での受賞者は日本では17人になりましたが近年加速度的に(この表現は少し似つかわしくありませんが)出ています。
日本の自然科学部門の研究が世界の最先端に追いついている証左なのでしょうか。
思いかえせば私が子どもの頃、日本人初のノーベル賞を受賞した湯川秀樹博士が世間では「知の象徴」としてもてはやされていました。
湯川博士は原子核内部において陽子や中性子を互いに結合させる中間子の存在を理論化した功績が認められたのですが私の子どもの頃なら昭和45年ぐらいと仮定して博士が受賞したのは昭和24年です。
その頃なら戦後の焼け野原から少しづつ立ち直った日本人も国際的な賞に同胞が栄に浴したと大喜びだったことは想像に難くありません。
でも私が湯川称賛を聞いたのはそれからもう20年以上過ぎた頃です。
何を言いたいのかとなれば「ここ数年は日本でもノーベル賞を取る研究者が続いて日本人も少々これに不感症気味かもしれないがこれはとんでもなく凄いことなんです」ということなんです。

ここであの告げ口おばさんの国のことを考えてみました。
私と同じことを考えていらっしゃる方は結構おられたようでネットで「なぜ韓国からノーベル賞が出ないのか」を検索したらかなりヒットしました。
韓国では建国以来受賞者はただの1人も出ていません。
これは中国でもそうだったのですが昨年(2015年)に1人出ました。
代表的な意見を少しご紹介いたしますと・・。
①ノーベル賞に値する研究がない。(ストレートなご意見ですね)
②論文は英語で書かなければならないが下手。(これについては日本人も言えませんが少なくともスピーチより書く方が向いているのは確かです)
③同じ趣旨の論文なら英語圏の西洋の方が採用されるが韓国は日本人研究家のパクリが多いから。(ノーコメント)
④目先の研究、もっと言えばすぐにお金になる研究しか出来ておらず長期的視野に立った理論構築ができない環境にある。
(これは納得できる意見で台湾籍でありそのことを隠そうとしなかった蓮舫氏が民主党政権時代にスーパーコンピュータ研究を事業仕分けで停めるべく゛2番じゃだめなんですか゛と言い放ったのは有名です、あの頃から反国家的な政治家でした、最近では゛2重じゃだめなんですか゛と言ったとか言わないとか・・)


いろいろなご意見がネットで飛び交っていましたが私は④あたりに落ち着くのではないかと思っています。
別にノーベル賞の獲得数がその国の民度、もっと言えば教育度合に依るものとはさらさら思ってはおらず、もちろん民族的な偏見など一切ありませんが少なくとも中国や韓国ではすぐにキャッシュを生む研究に目がいってじっくりと理論から組み立てる土壌を構築する余裕がないことは指摘できます。

これは同じノーベル賞でも文学部門にも言えて日本からは2人出ていますがかの国からはゼロです。
もっと自国の文化・風土・歴史をゆっくりと表現できる文学者がいてもいいのかなと思ったりします。
ただし、日本でも大江健三郎氏の受賞は私も疑問で何度読んでも意味不明な文章で共通テストで出したら平均点が大きく落ちることは予測できます。
あれがなぜノーベル賞なのか選考委員に1度インタビューしたいものです。
それに比べて村上春樹氏・・今年こそ獲っていただきたいと思います、ハルキストの1人としても。

今日の私のブログを最後まで読まれた辛抱強い方も相当ご不快な思いをされたのではないでしょうか。
いつも思いますが台風の進路が沖縄から九州に入ってそのまま朝鮮半島に行かず必ず右にシュート回転して本州に来るのは気象も嫌っているのでしょうか。(最後にダメ押しで不快なことを書いてしまった)




















カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter