ゆうすけブログ
災害と湖西路
10月もカレンダーでは3連休に入り曇ってはいますが穏やかな朝を迎えられたと喜んではいたもののテレビのスイッチを入れると深夜に熊本・阿蘇山火口が噴火し、約1キロの広範囲にわたって噴石が落下、1600世帯が一時停電と報じられていました。
住民の皆さんは大変不安な一夜を過ごされたこととお察しし、被害拡大がないようお祈りしたします。

週末に私の住む高島市から乗用車を運転して南の大津方面に出ることがかなり億劫になってきました。
別に肉体的に疲れたとか、面倒だとかの理由ではなく必ずと言っていいほど(渋滞)に巻き込まれるからです。
特に夕方などは顕著で旧高島町の白髭神社あたりから北小松のまちにかけてはR161がボトルネックになっていて京阪神からこの時期は行楽帰りの車も交じっての混雑となります。
高島から浜大津までなら車で約ですが1時間から1時間20分ほど見ておけばいいのですが週末は2時間から下手をすると3時間ばっかしかかることもあります。
3時間なら東京までこの時代、行けるのですが。

そのようなわけで先週もこの(湖西路渋滞)に遭遇し、這う這うの体で堅田まで来て考えていたのは(もし災害があったら南に逃げるのはムリだ)ということでした。
あの高島から旧志賀町の狭隘な道(これで国道?)を自然渋滞でもかように抜けるのが困難なのに非常時に高島市の住民が一斉にと考えたらため息が出てきました。
それが緊急を要する例えば原発事故ならおそらく発災から2時間以内の避難を要求されるでしょう。
政治的に、また行政的にもシュミレーションしておかねばならないはずです。
しかし、そのような議論がなされている、またはなされた記録は見当たりません。
なるようになる、泥縄式対応に任せるということでは福島の教訓をまったく活かせていません。

堅田のドラッグストアでトイレを借りました。
張り紙があって、「最近、トイレットペーパーの消失が続いています、不審な人を見かけたら店員にご一報願います、また警察署にも被害届を出しています 店長」と書かれてました。
やれやれ、何ともせちがらすぎる世相になったものかと思いました。
公衆の使用するトイレに入ってまで息が抜けないなんて・・・。
ここに監視カメラを設置するにしても純プライベート過ぎてできないだろうし、昔は道徳心の普及でこのような行為はなかったはずだけどとまた余計なことを考えて車を走らせました。



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter