ゆうすけブログ
政治に゛利権゛はあるのか
昨日は列島全体が大雨でこれを(季節替わりの雨)と呼んでいましたが、なるほど今朝からはすっかり秋模様となりました。
昨日のブログで「オリンピック利権」と書いたら「本当にそんなものはあるのか」というお問い合わせもありましたが「ないわけないでしょ」が返答です。
すでに候補地の誘致の段階からIOC内でも行われているのは世界周知のことですし、開催決定から競技設備の建設や運営について様々に蠢いています。
これだけで本が一冊書けます。

(政治に利権は付き物)と小賢しいことを言いたくもありませんが、現実は受け入れる必要がありそうです。
例えばこの間、久しぶりに永田町に行って感じたのですがあそこには国会議員事務所棟である衆議院第一会館、第二会館、参議院会館と3棟がそびえ立っています。
あの建設費を聞いて驚きました。
ちなみに私の隣である長浜市の新市役所が昨年からオープンしましたが建設費は約40億円です。
妥当なところでしょう。
議員会館は400億円その10倍、それも1棟がです、3棟で1200億円!
そんな馬鹿な話があるわけがないと思っても事実ですから仕方がないわけで、あの建物はどう見積もっても1棟100億円から150億円で出来そうです。
つまり1棟あたり100億円はゼネコンとその周辺の゛利権゛として消えたと思えるわけです。

先日から都議会で築地移転問題が論議されていますが小池知事が指摘したのは豊洲市場で青果市場、畜肉市場、魚類市場がそれぞれ違うゼネコン各社によって落札されていますがそれぞれの予定価格への落札率はいづれも95%を超えています。
普通はありえないのですがこれは゛談合疑惑゛の典型であり、立派に゛利権゛の疑いがあります。
オリンピックではこのようなことがないという人はそちら側の方か、精錬潔癖で人を疑うことがない高潔な方です。

ここで誤解を招くかもしれませんが言ってしまうと、「政治にはお金が必要」ということです。
それは庶民である我々が額に汗をたらして家族の為にお金を稼ぎ、一家の食費や教育費、介護費に使うという感覚ではなく、まさに「政治力発揮のためにお金がどんどん出て行く」という感覚です。
家庭収入が共働きで45万円ばかりあると現在では゛中流゛と思える暮らしが何とかできます。
ですがそれはあくまでその家庭内での支出であって税金以外ではたぶんよそへいかないでしょう。
政治の世界はそうじゃなくよそへどんどんいくのです。
また、お金を動かさなくては政治の世界ではのし上れません。
議員報酬だけでは工作資金など捻出できず、はっきり言って(派閥の長)になるなど夢のまた夢で国会議員で居続けるのも難しくなります。
選挙の際の(地元対策費)すら用意できなくなるから選挙になったら足で稼がなくてはならず一か八かの死に物狂いの選挙を戦うことを余儀なくされるからです。
陣笠議員ならそれも仕方がありませんが、当選回数を重ねることができれば二度とそんな博打はしたくないとなれば資金力で制圧しなければならなくなります。
それは個人の贅沢願望などとはかけ離れた政治の力学です。

古の佐藤栄作総理も幹事長時代に造船疑惑でパクられそうになりましたが保守本流の政治家を潰すわけにはいかず、犬養法相(当時)の指揮権発動で政治生命を救いました。
田中角栄氏はまさに典型的な利権政治家と見られていましが裸一貫からのし上るには(金)が武器であったのはしかたがないことでした。
(集金力)で自民党内を駆け上りました。
ですがその氷山の一角である(ロッキード事件)により総理の座は失いました。
中曽根内閣を直撃した(リクルート事件)でも竹下登氏は逃げ切りましたが藤波孝男官房長官は沈没しました。
後に盟友である金丸信副総裁の政界引退も資金稼ぎが表面化した為です。
自宅に金塊がどっさりあったのも金丸氏が個人的に蓄財を考えていたのではなく政治に必要と考えていたと考えられます。

現在でも麻生さんや岡田さんが比較的選挙の際にばたばたせず、地元に帰らなくても当確といわれるのも本人たちの能力が高いとか魅力があるということとはまた別のところで資金バックがしっかりあるということでしょう。
それだけで他の政治家よりも各段にシードされている高校野球に例えるなら(有力校)なのです。
最近ではTPP交渉で活躍された甘利経産大臣がURへの口利きで建設会社から事務所内で現金50万円を受け取った疑惑で閣外へ出ざるを得なくなりましたが、現職大臣たるものがなぜ50万円などの(はした金)を直接受け取るような場所をつくったのかが疑問です。
また検察が本気になったら十分に起訴までいけたのに止まったかも疑問です。
昨日は菅官房長官の白紙領収書を巡って国家で揉めていましたがあの緻密な人がなぜこんなくだらないボロを出したのかが疑問です。

私は別に(金権政治)がいいとは思っていませんが(金)に代わる(権力)、例えば(武)などが取って代わるよりはマシかとは思っています。
所詮は人間社会のことですから人々の欲望を何が満たすかとなれば昭和の一時期のように清廉だが(軍権政治)に戻ればいいとも思いません。
それなら(金)が仕切ったほうが血を見ないだけ平和だなと思っているだけです。












カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter