ゆうすけブログ
熊のまち
数日前の夕方、家族で食卓を囲んでいたら防災無線から放送が入りました。
次男が「また熊の話やで」と言うので聴いていたら「こちらは高島市防災無線です、臨時放送をお届けします、今日午後5時47分ごろ〇〇で熊の出没が確認されました、付近をご通行の方はご注意ください」。
やっぱり熊か!ぎゃははは・・と家族で大笑いして、(ポケモンGO)でモンスターを探していたら熊に会いましたではシャレにならんなとか馬鹿なことを言ったりして、また笑っていました。

誤解のないようにと思いますが別に熊を馬鹿にしているわけではありません。
昔観た映画「グリズリー」で熊の怖さに震えたり、日本でも大正4年に北海道で開拓村落が熊によって襲われた実話を描いた吉村 昭氏の小説「熊嵐」を読んだことがあったりと結構、熊には興味があります。

実はこの高島市でも探してみれば「熊」とつく地名が多くて昔から熊が多く出たのだなと容易に推測できます。
日本狼は全滅してしまいましたが熊は健在です。(何言ってるんだろう?)
全国でも狼とかを入れた地名は少ないのですが熊とか鹿が入った地名は多く、古くから日本においてこれら動物と共生していた形跡が残っています。

それが平成の大合併で古くからの地名が消え、(希望ヶ丘)とか(緑の里)など没個性的な地名に代わったのは残念です。
誤解のないようにと思いますが別にこれらの住宅地にお住いの方を愚弄するつもりはなく、新興住宅地なら当然新地名もありかなとは思いますが昔からの地名を簡単に変えることは控えた方がいいと思うだけです。
(言霊信仰)の日本ですから「熊」とついた地名なら熊にまつわる何かが隠されているはずですし、「〇〇崩れ」と地名にあるなら土砂災害が多い地域だから気をつけろというメッセージがあるはずです。

地名には古からのしきたり、習慣、事件など様々な(記号)が込められているのですからそれを追いかけるのも楽しいのですが今は暇ではないので老後の楽しみに取っておきたいと思っています。
それにしても防災無線で(熊出没)を連呼する高島市って平和なんですかね。
もしかしたら今度の選挙でも熊が出たりするかもしれません。



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter