ゆうすけブログ
みんなの悩み
私の精神状態またはバイオリズムが下降線を辿っていて今日も愚痴になることをお許しください。
また、お食事中の方またはこれから1時間以内に食事をされる予定の方はお目通しを控えられるようお願いします。

私は新聞・雑誌の悩み事相談欄などが好きで自分も(若きウェルテルの悩み)や(ハムレット)のように人生をくよくよ生きて来ましたから他人が悩んでいる姿を見てかえって(悩んでいるのは私だけじゃないんだ)と安心するというか、納得するというかのうじうじした性格の持ち主です。
そのような中で日々愛読しているのが読売新聞の(人生案内)です。
投稿者は人生における様々な悩みを紙上で開陳して回答者が大学教授や弁護士さんなど社会的立場がそれぞれにある方々で一家言持っておられてやさしく悩める相談者に答えていくというスタイルです。
相談の内容は仕事や家族関係、恋愛など多岐に渡っていますがどうも家族間の悩みが5割ばかりを占めている感じです。
やはり基礎的生活基盤である(家庭)は一筋縄ではいかないのだと思います。

2016年11月21日の(人生案内)は「私の新車で吐いた夫に冷めた」でした。
40代前半の主婦、夫が泥酔して買ったばかりの車の中で吐き、一気に愛情が冷めたと相談。
夫の顔を見るたびに吐いている姿が目に浮かび、一緒に食事をするのが苦痛になったと訴えられ、それからは別々に食事をするようになったと言われています。
あの日を思い出すと離婚したいと考えてしまうと締めくくられていました。(山梨・I子さん投稿)

記事を見ての正直な感想は(こんなことで離婚されたら男って悲しいね)でした。
それなら私も妻からすでに100回ばかり離婚されているでしょう。
私たちの結婚式の時に親戚のおじさんが「夫婦生活は長い航海、晴れの日もあれば嵐の日もあり・・・」と挨拶してくれていたのを憶えていますがその時は(またぁー一般論言っちゃって・・いるんだよね、こんな教訓おじさんが)などと不遜極まりないことを式中に考えていました。
結婚してから10年はエーゲ海をクルーズしているようで順風満帆、ところが次の10年に入り海が荒れだして5年ばかりは(嵐にしやがれ状態)で家庭という船は右に左にと振り回され難破、破船、転覆、沈没、漂流と進み、ただ今は社会の無人島に命からがら漂着した状態です。
夫婦生活ってエーゲ海と思っていたらいつの間にか魔の三角海域サルガッソーに入ってたのねとよく破たんしなかったなとさえ思っています。

小泉元首相は「人生いろいろ、上り坂があれば下り坂あり、しかし(まさか)もある」と名言を残しています。
自分たちだけは大丈夫と思っていても私の場合も(まさか)がありました。
先のことは自分も読めない人生航路を誰しもが恐る恐ると進むのですがそう考えてみれば人生は深いなと思います。
はい、本日も見事に愚痴になりました。








カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter