ゆうすけブログ
老けるは恥だが役に立つ
昨晩、東京に住む6才下の妹と電話でしゃべっていました。
兄弟の会話ですから実に他愛もない内容です。
親は元気かとか正月はどうするとかその程度のものです。

談話の最後の方で妹が、「でもお兄ちゃんももう初老なんだから無理せんといてや」と。
(しょ、初老ぉ!)
これには愕然としました。
初老・・老・・まさか老いてるなどと言われるとは・・。(ショック・拡大!)

私は昭和40年生まれで1月が誕生日ですから年を越せばもう52才になりますが気持ちは青年、体は中年と思っていました。
髪に少し白いものが出てきましたが老眼はあらわれていませんし、どこから考えても壮年だと思っていたのに・・とほほ・・初老。
ですが、先日もある識者からお話を聞いた時に「石田さん、自分の可能性を年齢で判断することは愚かなことですよ、なぜなら人は誰しも今日の自分が自分史上一番(若い)のですから、行動することにためらってはいけません」とおっしやって、(なるほど!)と思ったばかりでしたから。
それとともに「昨日がんばろうと言ってもムリ、昨日はもう過去、なら明日がんばろうならいいのかと言えばザンネン、明日が来たら今日になる、明日は永遠に明日でしかない、ではいつがんばるのか?今でしょ!」
(あんたは林先生か)と思いました。

そうは言っても人間も自分の外見つまり年齢による評価というのが気になるのが真情だと思います。
年を重ねれば経験や知識の(貯金)だけは持っておきたいと昨夜はつくづく考えました。




カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter