ゆうすけブログ
故郷の地名から考える
私は滋賀県高島市今津町という街に住んでいます。
もう50年ぐらいになります。
本籍は隣のマキノ町です。
ここは祖父や父の出生地です。

今津という地名について考えていたら要は今の津ですから、(新しい港)という意味なのでしからば(古い港)はどこかなと探したらあったのです。
汽船全盛の時代に琵琶湖上交通の要となった今津港から南に歩いてほんの5キロも行かない場所が(木津)と呼ばれています。
現在では新旭町木津となっています。
木津の読み方については京阪神の人なら(キズ)と発音するでしょう。
木津川のイメージがあるからです。
地元では(コウツ)と呼ばれています。
木津をコウツと発音するのは日本語的にいささか力業だなと思っていたら(古津)と呼ばれた名残だそうです。
すなわち新しい港(今津)より先に港として栄えていた場所だったということがわかります。
ですがここで少し考えてみて実際に自分たちの住処を(古い港)などと命名するでしょうか。
これはあくまで(今津)と対比して(古くから栄えた港)の意味で一時的に(古い港)と呼んだだけでしょう。
それが証拠に朽木から安曇川経由で下りてきた木材の集積地だったことから(木津)という新しい名前をつけて港の名残を後世に示したと考えられます。
この場所が(古津)の前には何と呼ばれていたかは私は郷土史家ではないのでこれ以上は考えませんが興味のある方は調べられても面白いと思います。
ちなみに今津港と木津を西に三角形に結んだ場所が高島市合併後に係争地となった条例上は高島市役所建設予定地となっている場所ですがこれも朽木の市場で売り買いされた牛をここまで歩かせて処分(つまり屠殺した)屠場でした。
昭和初期まではあったと聞いています。
朽木には市場と言う地名が残っていますがこれは青果市場や米市場ではなく西江州一帯の牛相場を仕切る食肉市場だった名残です。(あと木材市場と)
現在、高島市役所建設を巡り南北争議が続いていますが近江牛たちの呪いなのかもしれません。

今津と言う地名をネットで検索してみれば(近江今津)と出てきます。
言わずとも近江つまり滋賀県の今津という但し書き付きです。
すると本元の今津はと調べれば兵庫県西宮の今津が堂々と(今津)と全国的には認知されているようです。
ここは阪神本線と阪急今津線の始発・今津駅がありますが、JRである近江今津駅を押しのけて(今津駅)となっています。
決して(播州今津駅)とか(摂津今津駅)ではなく単独で(今津駅)なのです。
私たち近江今津の人間が隣の木津と名前争いをしている間にまんまと本家を名乗られました。
こちらは分家扱いです。
それが証拠に大阪駅で「今津まで切符ください」と言うと職員さんが「それは阪急です」と答えます。
しかたなく「近江今津です」というと「ああ・・」とか言われるので(ああ・じゃないだろ)と思ってしまいます。
私の今津人としてのナショナリズムが傷ついたりします。

だいたい(近江)という名称もおかしいと思います。
(江)はもともとゴウ、数年前にNHK大河で浅井三姉妹の数奇な運命を辿った(江)を放映していましたが意味は(海)です。
(近い海)・・・どこに海があるのか?となります。
訳知りさんは「それは琵琶湖のことに決まっているじゃないか、馬鹿だな」と言いますが馬鹿だけ余計です。
和歌などを調べましたが誰も琵琶湖のことを(海)と表現していません。
浜とか内湖という記述はありますがいわゆる(大海)の意味で使われた形跡は無かったのです。
ましてや(近江)という表現は山城(京都)や越前(福井)のように国号なので(江)という表現はまさに国単位の考え方となり湖沼などは当てはまらないのに勇壮な(江)を付け(近江)というのは昔の都人は遊びに行く水辺が琵琶湖だったのか、もう少し足を延ばせばそれこそ日本海・越前とかそれこそ播州明石とかいくらでも海に行けるのになぜ(近い海)が滋賀県なのかと疑問が残ります。
更に(遠い海)は遠江(トオトウミ)ですがなぜ遠州つまり静岡県大井川以西なのか?
そこまで行かなくとも紀州(和歌山)でも十分遠くの海で良かったのではないのか?
なぜ地味な静岡の海なのか、何を考えているのだろう古今和歌集の選者は?と暇を持て余すとロクなことを考えません。
暇なのでこれから散髪にでも行ってきます。(本日休暇)








カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter