ゆうすけブログ
書きたくないこと
森友学園のネタや地名のことなどは本当は書きたくないことでした。
森友は論点がどんどんズレていっているし、地名の話はどうしてもナショナリズム関係に抵触するからです。
大袈裟と言われても地名が付くということは(ある意図)、多くは政治的な思惑が働いてのことですから地名を語ると政治がついてくるのは避けられないのです。
ですからこれだけ前置きしても読む人によってはかなり捉え方が極端になるのは覚悟の上です。
私は別にリベラルを気取ったことは一度もありませんし、極右思想の持ち主であるとの自覚もありません。
ごく普通の日本人でありたいと願っています。

それで今日取り上げるテーマは『中国人は京都の名称を嫌っている』です。(あぶない!)
これは私が今冬、中国から来た京都に定住している方々としゃべっている時に言葉の端々から感じたものです。
それよりも前提としてこの「中国」という固有名詞について私たち日本人が一般的にかの国のことをなぜそう呼ぶのかを考えてみたいと思います。(ここもあぶない、我ながら地雷を踏んでいる感あります)

まず「中国」という言葉を世界的に使っているのは当の中国人と日本人のみということです。
当たり前ですが中国人が中華思想に則って勝手に「我々は世界の中心に位置する文化的最高峰」と言い張るのは本人たちの勝手ですが日本人がそれに付き合う必要はないのです。
向こうは日本人のことを東夷と言っているのですから。
自分たちのことは世界の中心、相手のことは東の文化が発達していない野蛮人と言う人のことを持ち上げる必要が私には理解できません。
かってのナチスドイツが自分たちの国を永劫に続く(千年帝国・第三帝国)と呼び、自らを(世界最優秀民族)と言いふらしていたのに日本人の方から近寄って行った過去を振り返るべきでしょう。
現在、世界では中国は単にチャイナと呼ばれています。
センターランドなどと呼んでいる国は一国もありません。
もともと中華思想とは中国の力が弱い時(時代)は素晴らしい中国文明が(国境的に)世界地図から縮小し、力を取り戻したら世界中を覆う(征服)という危険思想なのです。
ですから経済的にGNP世界第2位という大国になった現在は習近平さん曰くアメリカと話をしてハワイから西太平洋は中国が管理するという談話が入ってくるのです。
そのことを知っている世界中の人は中国の中華思想を戒めるためにも(中国)という表記をかの国に与えません。
日本でも古来から唐土(もろこし)とか志那(しな)と呼んでいました。
それでいいのですが戦後、中華人民共和国が成立してから日本では中国というプロパガンダに乗せられているのは嘆かわしことです。
今からでもシナと統一名称にすべきでしょう。

前置きが大変長くなりましたがそのシナ人が前から忌々しく思っているのが(京都)であり本音は「なぜ倭の奴らの街が都なのだ」につきます。
シナには北京・南京と京の文字がついた都市がありますが両方とも首都だった(首都である)歴史があります。
彼らからすれば世界首都であり唯一にして絶対の世界の中心であるはずなのに東の辺境に京?しかも都とつけて京都!ありえないという感覚があることを先日のインタビューで沈さん(仮名)が語ってくれました。
中華の力が伸びて日本が自治区(倭自治区と呼ぶそうです)になったら東京があるから最低でも西京に格下げよと言っていました。
そうですか、では世界では東西南北に京があるのですねと皮肉を言ったら、現在の北京が大京になると頭がこんがらがることを聞いてしまい、そのまま頭痛が続きました。

こんなことを言うと誰かが「でも韓国にはソウル(京城)があるではないか」と突っ込んできそうですがあれは日本統治下時代に設置された(京城府)であって現在の韓国内では全否定されている名称です。
2005年、当時ソウル市長だった李明博氏がソウルを(首爾)と改め京城表記を撤廃しています。

最後に付け加えますとチャイナとかシナは決して蔑称ではありませんから堂々と使って頂いて結構です。
でもこんなことを書くと今までのお友だちが去り、右から別の人たちが来そうなのでSNSでは乗せたくなかったなと本音がポロリ。









カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter