ゆうすけブログ
老いるということ
老いるということは社会科学的に診れば(世の中の動きに鈍感になる)ことかと昔から一部のお年寄りに対して幻滅していたことを告白します。
50を越えて(初老)を迎えた今だから言えますがいわゆる老成でもなく達観でもない社会に対しての(無関心)に若い頃は腹立たしかったのです。

「そんこともういいやないか」「なるようになるわ」とかを行政懇談会の場で言われた日には(何しに来てるんや、この人らは・・)とやり場のない思いでいっぱいになったものでした。
賛成でなくてもいい、反対なら反対ではっきり理由を聞かせてもらえれば議論として成り立つ、むしろその方が盛り上がる(失礼)発展的議論として成立するのにと思ったものでした。
今まで生きてこられて人生経験を積み、企業なら相談役、政界ならご意見番とも言われる年代の人からケ・セラ・セラなるようになると言われても「はぁ?」としか言いようがありませんでした。

年齢というものは社会科学では重要なファクターであり、私が小学生の頃の総理大臣と言えば佐藤栄作氏や田中角栄氏でしたがテレビでしか見ない御仁の姿を(どえリゃーでらかっちょいいいおっさんだわ)と思ったものでした。
小学生から見た政治家などは仰ぎ見る存在とはちょっとニュアンスが違いますが立身出世を目指す男の子にとっては(いつかはクラウンではなく到達してみたいおっさん)だったのです。
巨人・大鵬・卵焼きの時代より少し後の北の湖・輪島・アントニオ猪木の年代です。
余談ながら人気漫画(ちびまる子ちゃん)の著者・さくらももこさんは1965年のお生まれだそうで私と一緒の年齢だそうです。
あるエピソードの中で市長(静岡県清水市?)が運動会にやってきて緊張する場面が出てきますがこれは見事に時代の空気を伝えています。
もも子のおじいちゃんでさえ握手されて緊張しているところなどは高度成長期の地方都市の自治を垣間見るようです。

それに対して平成不況の現在の年配者は社会に対して何かモノ申しておられるのかと冒頭、憤慨いたしました。
もう少し尖がれないのかと。
50年代、60年代の全共闘世代に対しても私たちの昭和40年男子は冷ややかな目で見ていました。
(あれは本気ではない、所詮は甘えだ)と。
ばんばんの「いちご白書をもういちど」を聴くまでもなく学生運動で暴れても就職シーズンになれば無精ひげを剃って短髪にするなどを(転向)したと言ってましたがそんなものではなく(予定の行動)つまりモラトリアムに浸っていただけのことだと批判しました。
それなら活動家になったらいいのかと言えばそれは疑問でしたが。
若い男が就職もせずアパートで爆弾をつくっているというのも如何なものかと。

森友学園問題で荒れている国会ですが国民の目がそちらに注視されている間に組織犯罪処罰法改正案が提出されましたが籠池理事長の昼食は何が出たとか言ってるよりも大切なことを審議してもらいたいですし、ご年配の方々にはこのような時こそ経験を活かして声をあげてもらいたいものです。
「なるようになる」なんて聞きたくもありません。






カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



counter